カテゴリー
不思議の国のアリス

声に出すと威厳のある言葉『#3不思議の国のアリス』和訳

今回のあらすじ

長い間落ち続けたので、アリスは地球の中心に到達したかもしれないと思った。彼女は地球の大きさを授業で習っていて、地表から中心まで約4000マイルであることを知っていた。

the preceding page:不思議の国のアリス#2

the following page:不思議の国のアリス#4

the contents page : 不思議の国のアリス記事一覧

#3_Alice’s Adventures in Wonderland 日本語訳
主語述語・修飾語

Down, down, down. Would the fall never come to an end?

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

ずっと落ち続けているので、アリスは終わりが来るのだろうかと不安になった。

“I wonder how many miles I’ve fallen by this time?” she said aloud.

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

「今までに、どれだけの距離を落ちたのでしょう?アリスは不安を口にした。

“I must be getting somewhere near the centre of the earth. Let me see: that would be four thousand miles down, I think—”

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

私は地球の中心付近に到達しているはずです。ええと、地球の中心は4000マイル下にあるのだから…」

(for, you see, Alice had learnt several things of this sort in her lessons in the schoolroom, and though this was not a very good opportunity for showing off her knowledge, as there was no one to listen to her, still it was good practice to say it over)

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

アリスは授業で地球の大きさなどを習ったことがあった。知識を披露する機会があまりなかったのだが。誰も彼女に聞こうとしなかったことも一因だ。それでも、習ったことを再度口に出すのは良い練習になった。)

“—yes, that’s about the right distance—but then I wonder what Latitude or Longitude I’ve got to?”

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

「…ええ、だいたいそれくらいの距離です。でも、地球の中心の緯度や経度は何なのでしょう?

(Alice had no idea what Latitude was, or Longitude either, but thought they were nice grand words to say.)

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

アリスは緯度が何なのか、経度が何なのか分からなかった。しかし、緯度や経度が口に出すと、とても威厳のある表現だと思った。)

reference : Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll (project gutenberg)
Japanese translation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。