声に出すと威厳のある言葉『#3不思議の国のアリス』対訳

あらすじ

落ちても落ちても底に着かないので、アリスは自分が地球の中心付近まで落ちたのではないかと考えた。
彼女は授業で地理を学んだことがあったので、地球の直径を知っていた。そして意味は分からなくとも、緯度と経度という賢そうな単語の存在も知っていた。

「不思議の国のアリス」記事一覧 #1~#35

Alice’s Adventures in Wonderland 日本語訳
subject/predicate

Down, down, down. Would the fall never come to an end?

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

下へ、下へ、下へ。この落下には終わりが無いのだろうか?

“I wonder how many miles I’ve fallen by this time?” she said aloud.

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

「今までに何マイル落ちたのでしょう?」アリスは声に出して言った。

“I must be getting somewhere near the centre of the earth. Let me see: that would be four thousand miles down, I think—”

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

「私は地球の中心近くにいるに違いありません。ええと、地球の中心は4000マイル下にあるのだから—」

(for, you see, Alice had learnt several things of this sort in her lessons in the schoolroom, and though this was not a very good opportunity for showing off her knowledge, as there was no one to listen to her, still it was good practice to say it over)

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

(お察しの通り、アリスは教室の授業で地球の中心に関することを学んだことがあった
誰も聞いていなかったので、今この時は彼女の知識を披露する絶好の機会ではなかったが、それでも、復習することは良い訓練である)

“—yes, that’s about the right distance—but then I wonder what Latitude or Longitude I’ve got to?”

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

「そうです。距離はだいたい当たっています。それなら、緯度と経度はどうなのでしょう?

(Alice had no idea what Latitude was, or Longitude either, but thought they were nice grand words to say.)

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

(アリスは緯度についても、経度についても全く分からなかった。しかしそれらが賢そうな単語だと思っていた

Reference : Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll (project gutenberg)
Japanese translation