カテゴリー
不思議の国のアリス

今いる国の名前を尋ねたら『#4不思議の国のアリス』

アリスは地球の反対側に出て、頭を下にして歩く人を見たら笑ってしまうと呟き、慌てて考えを改めた。道を尋ねるのに笑うのは失礼だからだ。そして実際に国の名前を尋ねた場面を想像して、名前を尋ねるのを止めた。自分のいる国の名前を聞くなんて、相手に無知だと思われてしまう。

前回:不思議の国のアリス#3

次回:不思議の国のアリス#5

不思議の国のアリス記事一覧

#4_Alice’s Adventures in Wonderland 英語読み

Presently she began again.

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

やがて、アリスは再び独り言を始めた。

“I wonder if I shall fall right through the earth!

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

「私は地球の端から端まで落ちているのかもしれません!」

How funny it’ll seem to come out among the people that walk with their heads downward!

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

「頭を下にして歩く人々の中に出たら笑ってしまいます!」

The Antipathies, I think—” (she was rather glad there was no one listening, this time, as it didn’t sound at all the right word)

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

「いやだ、私ったら」(誰も聞いていなかったことに彼女はほっとした。それが良い言葉には聞こえなかったからだ。)

“—but I shall have to ask them what the name of the country is, you know.

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

「彼らに国の名前を尋ねなければならないっていうのに」

Please, Ma’am, is this New Zealand or Australia?”

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

「奥様、国の名前はニュージーランドですか?オーストラリアですか?」

(and she tried to curtsey as she spoke—fancy curtseying as you’re falling through the air! Do you think you could manage it?)

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

(彼女は喋りながらお辞儀をしようとして、変なお辞儀になった。空中できちんとしたお辞儀を作ることができると思いますか?)

“And what an ignorant little girl she’ll think me for asking!

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

「なんて無知な少女なのだろうと彼女は考えるでしょうね」

No, it’ll never do to ask: perhaps I shall see it written up somewhere.”

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

「やっぱり尋ねるのはよしましょう。もしかしたら、場所の名前を見つけるかもしれませんし」