カテゴリー
不思議の国のアリス

穴の底『#6不思議の国のアリス』

あらすじ

唐突に落下が終わり、アリスは穴の底に落ちた。しかし彼女に怪我はなく、ホワイトラビットも見失っていなかった。走っていく白兎を追いかけて角を曲がると、そこは天井からランプの吊り下がるホールで、ホワイトラビットの姿は無かった。ホールには扉があったのだが鍵がかかっていて、どうやって脱出しようかとアリスは不安を感じた。

前回:不思議の国のアリス#5

次回:不思議の国のアリス#7

不思議の国のアリス記事一覧

#6_Alice’s Adventures in Wonderland 英語読み

Alice was not a bit hurt, and she jumped up on to her feet in a moment:

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

アリスは少しもケガをしていなかった
彼女はすぐに飛び起きた。

she looked up, but it was all dark overhead; before her was another long passage, and the White Rabbit was still in sight, hurrying down it.

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

アリスは見上げたが、頭上は真っ暗だった。彼女の前には別の道が伸びていた。
ホワイトラビットはまだ視界の中にいて、急いで道を下って行くところだった。

There was not a moment to be lost:

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

迷っている暇など無かった。

away went Alice like the wind, and was just in time to hear it say, as it turned a corner, “Oh my ears and whiskers, how late it’s getting!”

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

アリスは風のように駆けた。そしてホワイトラビットが角を曲がる時に、声がギリギリ耳に入った。
「ああ、私の耳と髭は何て遅いのだろう!」

She was close behind it when she turned the corner, but the Rabbit was no longer to be seen:

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

角を曲がる時、彼女はホワイトラビットのすぐ後ろにいた。
しかし彼女がを曲がると、ホワイトラビットはもう見えなかった

she found herself in a long, low hall, which was lit up by a row of lamps hanging from the roof.

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

彼女はいつの間にか長く低いホールにいた
ホールは天井から吊り下がるランプの列に照らされていた。

There were doors all round the hall, but they were all locked; and when Alice had been all the way down one side and up the other, trying every door, she walked sadly down the middle, wondering how she was ever to get out again.

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

ホールには一面に扉があったが、扉はすべて閉まっていた
アリスは扉を開けようと一つずつ試して、悲し気に戻ってきた。どうやって外に出ようかと考えながら。