カテゴリー
不思議の国のアリス

小さな鍵『#7不思議の国のアリス』

あらすじ

アリスは小さな鍵を見つけた。しかし鍵が小さすぎるのか、鍵穴が大きすぎるのか、鍵はホールの扉には合致しなかった。
アリスは小さな鍵を試して回っていた時にカーテンを見つけた。カーテンの後ろには小さな扉があり、アリスが見つけた小さな鍵にぴったりと合った。

前回:不思議の国のアリス#6

次回:不思議の国のアリス#8

不思議の国のアリス記事一覧

#7_Alice’s Adventures in Wonderland 英語読み

Suddenly she came upon a little three-legged table, all made of solid glass;

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

突然、アリスは総ガラス製の三本足の机を見つけた

there was nothing on it except a tiny golden key, and Alice’s first thought was that it might belong to one of the doors of the hall;

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

机には金色のカギを除いて何も載っていなかった
アリスが最初に考えたのは、ホールにある扉の一つに合致するのではないかということだった。

but, alas! either the locks were too large, or the key was too small, but at any rate it would not open any of them.

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

しかし悲しいかな、錠が大きすぎるのか、それとも鍵が小さすぎるのか、いずれにせよ、どの扉も開かなかった

However, on the second time round, she came upon a low curtain she had not noticed before, and behind it was a little door about fifteen inches high:

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

しかしながら、二回目の巡回で、彼女は以前気づかなかった低いところにあるカーテンを見つけた
カーテンの後ろには約15インチほどの小さな扉があった

she tried the little golden key in the lock, and to her great delight it fitted!

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

アリスはそれに小さな金色のカギを試した
嬉しいことに、鍵はピッタリ合った