カテゴリー
不思議の国のアリス

不可能は無い『#8不思議の国のアリス』

あらすじ

アリスは小さな出入口を見つけたが、頭さえ通らないほど小さな入り口だったせいで覗き込むことしかできなかった。
常識外の事が立て続けに起こったせいで、やり方さえ知っていれば身体を縮めることもできるはずだとアリスは考えた。

前回:不思議の国のアリス#7

次回:不思議の国のアリス#9

不思議の国のアリス記事一覧

#8_Alice’s Adventures in Wonderland 英語読み

Alice opened the door and found that it led into a small passage, not much larger than a rat-hole:

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

アリスが扉を開けると、扉はネズミの穴より小さな通路に通じていることがわかった

she knelt down and looked along the passage into the loveliest garden you ever saw.

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

アリスが膝をついて覗き込むと、見たこともないほど美しい庭に繋がっていた。

How she longed to get out of that dark hall, and wander about among those beds of bright flowers and those cool fountains,

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

アリスは暗い穴を抜けて明るい花々のベッドと冷たい泉のなかに行きたいと、どれほど切望したことだろう

but she could not even get her head through the doorway;

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

だがアリスは入り口に頭さえ通らなかった

“and even if my head would go through,” thought poor Alice, “it would be of very little use without my shoulders.

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

アリスは考えた。「たとえ頭が通ったとしても、肩が通らなければ無駄ですね」

Oh, how I wish I could shut up like a telescope!

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

(アリス)「ああ、望遠鏡のように伸縮することができたらなあ!

I think I could, if I only knew how to begin.”

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

(アリス)「やり方さえ知っていればできたのに

For, you see, so many out-of-the-way things had happened lately, that Alice had begun to think that very few things indeed were really impossible.

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

ご存じの通り、たくさんの常識外の事が起きていたのでアリスはやってやれない事は無いと思い始めていた