賢い少女『#9不思議の国のアリス』和訳

alice9
handwriting

今回のあらすじ

小さなドアのそばにいても仕様がないので、アリスは他の手段を探しにテーブルへ戻った。するとテーブルには「飲みなさい」と書かれた小瓶が乗っていた。
まず、アリスは毒だと書かれていないか調べた。何かの決まり事がある場合、それを守らないと危険だからだ。

the previous page:不思議の国のアリス8

the next page:不思議の国のアリス10

the contents page : 不思議の国のアリス記事一覧

#9_Alice’s Adventures in Wonderland 日本語訳
主語述語・修飾語

There seemed to be no use in waiting by the little door, so she went back to the table, half hoping she might find another key on it, or at any rate a book of rules for shutting people up like telescopes:

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

小さなドアのそばで待っても意味がないように思えた。なのでアリスはテーブルまで戻った。テーブルの上に別の鍵か、望遠鏡のように人が縮むための手引書が見つかるかもしれないと期待して。

this time she found a little bottle on it,

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

今度はドロシーはテーブルの上に小瓶を見つけた

(“which certainly was not here before,” said Alice,)

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

(「確実に、前回ここにありませんでしたアリスは言った)

and round the neck of the bottle was a paper label, with the words “DRINK ME,” beautifully printed on it in large letters.

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

ボトルの首周りには、大きな字体で「私を飲みなさい」と美しく書かれた紙のラベルがあった

It was all very well to say “Drink me,” but the wise little Alice was not going to do that in a hurry.

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

「私を飲みなさい」というのは結構だが、賢いリトルアリスはあわてて飲むつもりはなかった

“No, I’ll look first,” she said, “and see whether it’s marked ‘poison’ or not”;

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

「飲みません。まずは見て、毒と印されているか否か調べましょうアリスは言った。

for she had read several nice little histories about children who had got burnt, and eaten up by wild beasts and other unpleasant things, all because they would not remember the simple rules their friends had taught them:

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

アリスはいくつかの為になるお話を読んだことがあったのだ。
それは、仲間が教えた簡単なルールを覚えていなかったせいで、火傷したり野生動物や化け物に食べらる子供のお話だった。

such as, that a red-hot poker will burn you if you hold it too long; and that if you cut your finger very deeply with a knife, it usually bleeds;

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

赤く燃えるひっかき棒を長時間持つと火傷する事や、指を刃物で深く切ると普通は出血するというような教訓だ。

and she had never forgotten that, if you drink much from a bottle marked “poison,” it is almost certain to disagree with you, sooner or later.

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

毒と印されたボトルから大量に飲むと、必ず害になることをアリスは忘れていなかった。

However, this bottle was not marked “poison,” so Alice ventured to taste it, and finding it very nice, (it had, in fact, a sort of mixed flavour of cherry-tart, custard, pine-apple, roast turkey, toffee, and hot buttered toast,) she very soon finished it off.

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

このボトルには毒と印されていなかったので、アリスは思い切って試飲してみた。とてもおいしかった。
(それはチェリータルト、カスタード、パイナップル、ローストターキー、タフィー、ホットバタートーストの風味が混ざったような味がした)
アリスはすぐに飲み終えた

reference : Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll (project gutenberg)
Japanese translation