ただの読書好きが苦手な英語に手を伸ばした結果

もしも消えてしまったら『#10不思議の国のアリス』和訳


今回のあらすじ

怪しい小瓶の中身を飲むと、アリスの体は縮まった。10インチの大きさとなり、小さな扉をくぐることができると想像して、アリスの表情は輝いた。しかし、このまま縮まっていって、最後には消えてしまうのではないかと不安になった。

the previous page:不思議の国のアリス9

the next page:不思議の国のアリス#11

the contents page : 不思議の国のアリス記事一覧

#10_Alice’s Adventures in Wonderland 日本語訳
主語・述語・修飾語

“What a curious feeling!” said Alice; “I must be shutting up like a telescope.”

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

なんて奇妙な感覚なのでしょう!きっと望遠鏡のように縮んでいるのでしょう!」アリスは言った。

And so it was indeed: she was now only ten inches high, and her face brightened up at the thought that she was now the right size for going through the little door into that lovely garden.

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

実際に縮んでいた。アリスは今や10インチの大きさだった。例の美しい庭に繋がる小さなドアを通れるサイズだと思って、アリスの表情は輝いた。

First, however, she waited for a few minutes to see if she was going to shrink any further:

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

しかし、さらに縮むのかを確かめるために、アリスはしばらく待った

she felt a little nervous about this; “for it might end, you know,” said Alice to herself,“in my going out altogether, like a candle. I wonder what I should be like then?”

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

アリスは少し心配だった。「ロウソクのように完全に消えてしまうかもしれません。私はどうなるのでしょうか?」

And she tried to fancy what the flame of a candle is like after the candle is blown out, for she could not remember ever having seen such a thing.

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

アリスは想像しようとした。ロウソクが吹き消されると、ロウソクの火はどうなるのかと。彼女はそれを思い出せなかったのだ。

reference : Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll (project gutenberg)
Japanese translation