カテゴリー
不思議の国のアリス

10インチのアリス『#10不思議の国のアリス』

あらすじ

小瓶の中身を飲むと、アリスの身体は縮み、小さな扉を通ることのできる大きさになった。彼女はそのことに喜んだが、そのまま縮み続けて消えてしまうのではないかと不安にも思った。

前回:不思議の国のアリス9

次回:不思議の国のアリス#11

不思議の国のアリス記事一覧

#10_Alice’s Adventures in Wonderland 英語読み

“What a curious feeling!” said Alice; “I must be shutting up like a telescope.”

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

「なんて変な感覚なのでしょう!」アリスは言った。
「私は望遠鏡のように縮んでいるに違いありません」

And so it was indeed: she was now only ten inches high, and her face brightened up at the thought that she was now the right size for going through the little door into that lovely garden.

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

その通り、アリスは10インチの大きさになっていた
彼女の表情はラブリーガーデンに通じる小さな扉を通れる大きさになったという思いで明るくなった

First, however, she waited for a few minutes to see if she was going to shrink any further:

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

しかし、とりあえずアリスはこれ以上縮むのかを確認するために数分間待機した

she felt a little nervous about this; “for it might end, you know,” said Alice to herself,“in my going out altogether, like a candle. I wonder what I should be like then?”

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

アリスは少し不安だった。「蝋燭のように縮み続けて無くなってしまうかもしれない。そうなったらどうしましょう?」彼女は自分に向かって言った。

And she tried to fancy what the flame of a candle is like after the candle is blown out, for she could not remember ever having seen such a thing.

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

アリスは吹き消された後の蝋燭の炎を見た覚えがなかったので、想像してみた