カテゴリー
不思議の国のアリス

自分に厳しい少女『#11不思議の国のアリス』

あらすじ

アリスは小さく縮んだ身体で庭に行こうとした。しかしテーブルの上から鍵を持ってくるのを忘れていて、縮んだ身体ではテーブルの上には手が届かなかった。
彼女はテーブルをよじ登ろうと頑張ったが、滑って登れずに泣き出した。
アリスは自分に厳しい少女だったので、すぐに自分を叱咤して涙を止めようとした。

前回:不思議の国のアリス#10

次回:不思議の国のアリス#12

不思議の国のアリス記事一覧

#11_Alice’s Adventures in Wonderland 英語読み

After a while, finding that nothing more happened, she decided on going into the garden at once;

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

しばらく時間をおき、これ以上何も起こらないと判断して、
アリスはさっそく庭に入ることにした

but, alas for poor Alice! when she got to the door, she found she had forgotten the little golden key, and when she went back to the table for it, she found she could not possibly reach it:

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

ところが、ああ、かわいそうに!
アリスが扉にたどり着いた時、彼女はリトルゴールデンキーを持ってくるのを忘れていることに気がついた
アリスは鍵を取りにテーブルへ戻ったが、テーブルに手が届かないということに気がついた。

she could see it quite plainly through the glass, and she tried her best to climb up one of the legs of the table,

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

アリスはガラスの天板ごしにはっきりと鍵を見ることができた
彼女はテーブルの脚を登ろうと頑張った

but it was too slippery; and when she had tired herself out with trying, the poor little thing sat down and cried.

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

しかし、テーブルの脚はとても滑りやすかった
彼女はへとへとに疲れてしまい、かわいそうな少女は座って泣いてしまった

“Come, there’s no use in crying like that!” said Alice to herself, rather sharply; “I advise you to leave off this minute!”

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

「さて、こうして泣いていても仕様がない!」
アリスは自分に向かって声を上げた。
「泣くのはもうやめましょう!」

She generally gave herself very good advice, (though she very seldom followed it), and sometimes she scolded herself so severely as to bring tears into her eyes;

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

彼女はとても良いアドバイスを自分に贈った。(そのアドバイスに従うことは滅多になかったのだが)
時々、彼女は瞳から涙がでるほど厳しく自身を叱咤するのだ。

and once she remembered trying to box her own ears for having cheated herself in a game of croquet she was playing against herself, for this curious child was very fond of pretending to be two people.

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

かつて、彼女は自分の耳に平手打ちしようとしたことがあった。
自分自身と対決した一人遊びのクローケーで不正したからだ。
この変わり者のお子様は二人居る振りをするのが大好きだったのだ。

“But it’s no use now,” thought poor Alice, “to pretend to be two people! Why, there’s hardly enough of me left to make one respectable person!”

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

「今、二人居る振りをしても無駄です!」
アリスは思った。
「もう一人の自分を作る余裕がほとんどないのですから!」