ネズミのテール『#32不思議の国のアリス』対訳

あらすじ

ネズミは長く悲しい物語(tale)だと言って、自分の物語をアリスに話し始めた。
アリスはそれを聞いて不思議に思った。なぜ長く悲しい尻尾(tail)と呼んだのだろうかと。

「不思議の国のアリス」記事一覧 #1~#35

Alice’s Adventures in Wonderland 日本語訳
subject/predicate

“Mine is a long and a sad tale!” said the Mouse, turning to Alice, and sighing.

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

「長く悲しい物語です!」ネズミが言って、アリスの方を向き、ため息をついた。

“It is a long tail, certainly,” said Alice, looking down with wonder at the Mouse’s tail; “but why do you call it sad?”

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

「確かに、長い尻尾ですね。しかし、どうして尻尾を悲しいと思うのです?」
アリスはネズミの尻尾を不思議そうに見おろした。

And she kept on puzzling about it while the Mouse was speaking, so that her idea of the tale was something like this:—

Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll

そしてアリスは尻尾について頭を悩ませ続けた。ネズミが話している間ずっと。
そのため、ネズミの物語が途切れ途切れで頭に入らなかった。

          “Fury said to a
         mouse, That he
        met in the
       house,
     ‘Let us
      both go to
       law: I will
        prosecute
         you.—Come,
           I’ll take no
           denial; We
          must have a
        trial: For
      really this
     morning I’ve
    nothing
    to do.’
      Said the
      mouse to the
       cur, ‘Such
        a trial,
         dear sir,
            With
          no jury
        or judge,
       would be
      wasting
      our
      breath.’
        ‘I’ll be
        judge, I’ll
         be jury,’
             Said
         cunning
          old Fury:
          ‘I’ll
          try the
            whole
            cause,
              and
           condemn
           you
          to
           death.’”

「フューリーがネズミに言った。彼は家の中でそのネズミを見つけたのだ。
『法廷で争いましょう。私はあなたを起訴します。
こっちに来なさい。拒否は認めません。裁判をしなければなりません。
本当に、今朝、私は仕事が1つもないのですから』」

「ネズミはその嫌な奴に言いました。
『陪審も裁判官もいない裁判は我々の時間を浪費します』」

「『私が裁判官と陪審になります』老獪な、嫌な奴が言いました。
『私が全てをこなして、あなたに死刑を宣告しましょう』」

Reference : Alice’s Adventures in Wonderland by Lewis Carroll (project gutenberg)
Japanese translation