オスカー・ワイルド『#1_カンタヴィルの幽霊』和訳

あらすじ

 ミスターオーティスがカンタヴィルチェイスを買おうとした時、その所有者であるロードカンタヴィルは彼に真実を話した。その建物は幽霊屋敷であると。親戚が実際に遭遇した事があるのだと。
 しかしオーティスは幽霊を信じなかった。あらゆる物が揃っているはずのアメリカでさえ、幽霊が存在しなかったからだ。

オスカー・ワイルド「カンタヴィルの幽霊」記事一覧 #1~#63

カンタヴィルの幽霊(対訳)
主語述語

When Mr. Hiram B. Otis, the American Minister, bought Canterville Chase, every one told him he was doing a very foolish thing, as there was no doubt at all that the place was haunted.

The Canterville Ghost

 アメリカ公使である、ミスターハイラム・B・オーティスがカンタヴィルチェイスを買ったとき、誰もがハイラムに愚かな事をしたと言った。間違いなく、その場所は幽霊が出没するからだ。

Indeed, Lord Canterville himself, who was a man of the most punctilious honour, had felt it his duty to mention the fact to Mr. Otis when they came to discuss terms.

The Canterville Ghost

 実際に、ロードカンタヴィル自身が、彼は非常に厳格な信義を重んじる人で、ミスターオーティスに事実を伝えることが自分の義務であると思っていた。彼らがやってきて、売買条件について話し合った時に。

“We have not cared to live in the place ourselves,” said Lord Canterville, “since my grandaunt, the Dowager Duchess of Bolton, was frightened into a fit, from which she never really recovered, by two skeleton hands being placed on her shoulders as she was dressing for dinner, and I feel bound to tell you, Mr. Otis, that the ghost has been seen by several living members of my family, as well as by the rector of the parish, the Rev. Augustus Dampier, who is a Fellow of King’s College, Cambridge.

The Canterville Ghost

私たちはその屋敷に住みたくありません」ロードカンタヴィルは言った。
「ボルトン公爵夫人である、私の大叔母がおびえて発作を起こしたからです。彼女はその症状から回復しませんでした。
夕食のために正装していた時に、彼女の肩に置かれた二本の骸骨の手が原因です。
 ミスターオーティス、私はあなたに話さなければならないと思っています私の一族の数名がその幽霊に会っているという事を
 教区牧師のアウグスタスダンピア牧師もご存じです。彼はケンブリッジ大学の研究員です」

After the unfortunate accident to the Duchess, none of our younger servants would stay with us, and Lady Canterville often got very little sleep at night, in consequence of the mysterious noises that came from the corridor and the library.”

The Canterville Ghost

「公爵夫人にとっての不運な事故の後、若い使用人たちは誰も屋敷に泊まりたがりません
 レディカンタヴィルは短い睡眠に苦しみました。廊下と書庫から聞こえる奇妙な物音のせいで」

“My Lord,” answered the minister, “I will take the furniture and the ghost at a valuation.

The Canterville Ghost

 オーティスが答えた。
「閣下、私は家具と幽霊を受け入れます。評価額のままで」

I have come from a modern country, where we have everything that money can buy; and with all our spry young fellows painting the Old World red, and carrying off your best actors and prima-donnas, I reckon that if there were such a thing as a ghost in Europe, we’d have it at home in a very short time in one of our public museums, or on the road as a show.”

The Canterville Ghost

私は近代国家からやってきました。そこではお金で買える物がなんでもあります。
 我々の元気な若者たちが古い世界を赤く塗り、あなた方の優秀な役者と女性歌手を引き抜いていることを考えると、もしもヨーロッパに幽霊のようなモノがあれば私たちはすぐに幽霊を自国の博物館に置くか、もしくは興業の途中であると思います

“I fear that the ghost exists,” said Lord Canterville, smiling, “though it may have resisted the overtures of your enterprising impresarios.

The Canterville Ghost

残念ながらその幽霊は実在します。あなた方の冒険心にあふれた興行主の提案に抵抗しているのでしょう」ロードカンタヴィルは微笑みながら言った。

It has been well known for three centuries, since 1584 in fact, and always makes its appearance before the death of any member of our family.”

The Canterville Ghost

「1584年から三世紀もの間、その幽霊は良く知られています
 我々の一族の誰かが死ぬ前に、その幽霊はいつもその姿を現すのです

reference :The Canterville Ghost by Oscar Wilde (project gutenberg)
Japanese translation