カテゴリー
カンタヴィルゴースト

オーティス一家『#3_カンタヴィルの幽霊』

今回のあらすじ

ワシントンという洗礼名の長男は金髪の二枚目で、優秀な若者だった。ヴァージニアという名前の長女は活発な性格で、ポニーのレースをするほどやんちゃだった。

previous page:カンタヴィルゴースト#2

next page:カンタヴィルゴースト#4

contents : カンタヴィルゴースト記事一覧

#3 the canterville ghost 日本語訳
主語述語・修飾語

Indeed, in many respects, she was quite English, and was an excellent example of the fact that we have really everything in common with America nowadays, except, of course, language.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

実際、ミセスオーティスは割とイギリス的な人物であり、現代のアメリカ人と同じように、アメリカ人は全てを持っているという優れた実例となった。もちろん言語を除いて。


Her eldest son, christened Washington by his parents in a moment of patriotism, which he never ceased to regret, was a fair-haired, rather good-looking young man, who had qualified himself for American diplomacy by leading the German at the Newport Casino for three successive seasons, and ever in London was well known as an excellent dancer.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

両親にワシントンという洗礼名を付けられたオーティス家の長男は金髪で二枚目の若者だった
彼は自力でアメリカの外交資格を取っていた。ニューポートカジノで三期連続ドイツ人を案内することによって。
そしてロンドンでは優秀なダンサーとしてよく知られていた

Gardenia and the peerage were his only weaknesses.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ガーデニアと貴族が彼の唯一の弱点だった

Otherwise he was extremely sensible.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

そのことを除けば、彼は極めて優秀な人物だった


Miss Virginia E. Otis was a little girl of fifteen, lithe and lovely as a fawn, and with a fine freedom in her large blue eyes.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ミスヴァージニアEオーティスは小鹿のように愛らしい15の少女だった。大きな青い瞳には自由奔放さを宿していた。

She was a wonderful Amazon, and had once raced old Lord Bilton on her pony twice round the park, winning by a length and a half, just in front of the Achilles statue, to the huge delight of the young Duke of Cheshire, who proposed for her on the spot, and was sent back to Eton that very night by his guardians, in floods of tears.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

彼女はやんちゃな性格で、オールドロードビルトンとポニーで公園2週の競争をしたことがあり、1馬身半の差で勝ったことがあった。それはちょうどアキレスの彫像の前で、チェシャー若公爵は大喜びだった。若公爵はその場で彼女にプロポーズして、その夜すぐに保護者によって泣きながら連れ帰られた。


source:The Canterville Ghost by Oscar Wilde
出典:カンタヴィルゴースト
著者:オスカー・ワイルド
Japanese translation
This site helps you learn Japanese