美しい旅路『#4_カンタヴィルの幽霊』和訳

あらすじ

 オーティス家の子供たちは長男、長女、そして双子の弟たちがいた。
 オーティス一家は遊覧馬車に乗り、美しい旅の景色を眺めながらカンタヴィルチェイスへ向かった。

オスカー・ワイルド「カンタヴィルの幽霊」記事一覧 #1~#63

カンタヴィルの幽霊(対訳)
主語述語

After Virginia came the twins, who were usually called “The Star and Stripes,” as they were always getting swished.

The Canterville Ghost

 ヴァージニアのしたに双子がいた。彼らは『スターアンドストライプ』(星条旗)といつも呼ばれていた。しょっちゅうムチで叱られていたからだ。(おそらく、ムチの当たった肌の赤白で星条旗)

They were delightful boys, and, with the exception of the worthy Minister, the only true republicans of the family.

The Canterville Ghost

 彼らはおもしろい少年たちだった。立派なアメリカ公使を除けば、家族の中の唯一の共和党支持者たちだった。

  • were+補語

As Canterville Chase is seven miles from Ascot, the nearest railway station, Mr. Otis had telegraphed for a waggonette to meet them, and they started on their drive in high spirits.

The Canterville Ghost

 カンタヴィルチェイスは最寄りの鉄道駅であるアスコットから7マイル離れていたので、ミスターオーティスは遊覧馬車に乗れるよう電報を打ってあった
 そして彼らは旅行に出発した。上機嫌で。

  • had telegraphed
  • started

It was a lovely July evening, and the air was delicate with the scent of the pinewoods.

The Canterville Ghost

 すてきな7月の夕方だった。空気はほのかにパインウッドの香りがした。

  • was+補語

Now and then they heard a wood-pigeon brooding over its own sweet voice, or saw, deep in the rustling fern, the burnished breast of the pheasant.

The Canterville Ghost

 時々、モリバトが甘い鳴き声をあげるのを聞き、シダの奥で光るキジの胸を見た

  • heard+目的語
  • saw+目的語

Little squirrels peered at them from the beech-trees as they went by, and the rabbits scudded away through the brushwood and over the mossy knolls, with their white tails in the air.

The Canterville Ghost

 小リスたちはブナの木々から通行者たちを凝視した
 ウサギたちは走り去った。やぶを突き抜け、コケに覆われた丘を越えて。白い尻尾の後姿を見せて。

As they entered the avenue of Canterville Chase, however, the sky became suddenly overcast with clouds, a curious stillness seemed to hold the atmosphere, a great flight of rooks passed silently over their heads, and, before they reached the house, some big drops of rain had fallen.

The Canterville Ghost

 オーティス一家がカンタヴィルチェイスの大通りに入ったとき
空が突然雲に覆われた
妙な静けさが広がっているように思えた
カラスの大群が静かに頭上を通り過ぎた
 彼らが屋敷に到着する前に、大粒の雨が降った

reference :The Canterville Ghost by Oscar Wilde (project gutenberg)
Japanese translation