カテゴリー
カンタヴィルゴースト

美しい旅路『#4_カンタヴィルの幽霊』和訳

今回のあらすじ

オーティス一家は遊覧馬車でカンタヴィルチェイスへ向かった。その旅は美しいもので、彼らは野生動物の行動を観察することができた。しかしカンタヴィルチェイスに到着すると、不穏な空模様となり、雨が降り出した。

the preceding page:カンタヴィルゴースト#3

the following page:カンタヴィルゴースト#5

the contents page : カンタヴィルゴースト記事一覧

#4 the canterville ghost 日本語訳
主語述語・修飾語

After Virginia came the twins, who were usually called “The Star and Stripes,” as they were always getting swished.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ヴァージニアの下には双子の弟たちがいた。彼らはいつも『スターアンドストライプ』という名で呼ばれていた。いつも鞭で叱られていたからだ。(ムチのあとが赤白の星条旗のように見えるため)

They were delightful boys, and, with the exception of the worthy Minister, the only true republicans of the family.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

弟たちは愉快な少年だった。そして、立派な公使を除けば、家族唯一の真の共和制支持者だった。


As Canterville Chase is seven miles from Ascot, the nearest railway station, Mr. Otis had telegraphed for a waggonette to meet them, and they started on their drive in high spirits.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

カンタヴィルチェイスは最寄り駅のアスコットから7マイルなのでミスターオーティスはその道のりを走破するために遊覧馬車に電報を打っていた。そしてオーティス一家はワクワクして移動を始めた。

It was a lovely July evening, and the air was delicate with the scent of the pinewoods.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

美しい7月の夕暮れ時だった。空気はほのかにパインウッドの香りがした。

Now and then they heard a wood-pigeon brooding over its own sweet voice, or saw, deep in the rustling fern, the burnished breast of the pheasant.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

オーティス一家は甘い声でヒナを温めているモリバトの声を聞いたり、シダ植物の奥で光沢のあるキジの腹部を見かけたりした

Little squirrels peered at them from the beech-trees as they went by, and the rabbits scudded away through the brushwood and over the mossy knolls, with their white tails in the air.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

子リスたちは馬車が通ると、ブナの木から彼らを凝視した
ウサギたちは白い尻尾を携えて、茂みの中や苔むした塚の上を走り去った


As they entered the avenue of Canterville Chase, however, the sky became suddenly overcast with clouds, a curious stillness seemed to hold the atmosphere, a great flight of rooks passed silently over their heads, and, before they reached the house, some big drops of rain had fallen.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

しかし、オーティス一家がカンタヴィルチェイスの大通りに入ると空が突然雲に覆われた。奇妙な静寂が大気を抑えているようだった。カラスの大群が静かに彼らの頭上を通り過ぎた。
彼らが屋敷に到着する前に大きな雨粒が降った

reference :The Canterville Ghost by Oscar Wilde (project gutenberg)
Japanese translation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。