カテゴリー
カンタヴィルゴースト

古風な出迎え『#5_カンタヴィルの幽霊』

今回のあらすじ

以前からカンタヴィルチェイスを管理していた家政婦がオーティス一家を出迎えた。屋敷では彼らのためにお茶が用意されていて、家政婦のミセスウムニーが給仕する間にオーティス一家は部屋の中を眺めた。

previous page:カンタヴィルゴースト#4

next page:カンタヴィルゴースト#6

contents : カンタヴィルゴースト記事一覧

#5 the canterville ghost
日本語訳
主語述語・修飾語

Standing on the steps to receive them was an old woman, neatly dressed in black silk, with a white cap and apron.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

オーティス家の家族を迎えるために、白いキャップとエプロンを身に着けて黒い服を着た年配女性が玄関に立っていた

This was Mrs. Umney, the housekeeper, whom Mrs. Otis, at Lady Canterville’s earnest, had consented to keep in her former position.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

それは家政婦のミセスウムニーだったミセスオーティスはレディカンタヴィルの強い希望により、彼女を引き続き雇うことを認めていた

She made them each a low curtsey as they alighted, and said in a quaint, old-fashioned manner, “I bid you welcome to Canterville Chase.”

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ミセスウムニーはオーティス家人々が降車すると、各々に深くお辞儀した。そして古風な作法で言った。「カンタヴィルチェイスにようこそいらっしゃいました」


Following her, they passed through the fine Tudor hall into the library, a long, low room, panelled in black oak, at the end of which was a large stained glass window.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ミセスウムニーの後に続いて、一家は見事なチューダーホールを抜けてライブラリに移動した。その部屋の突き当りには大きなステンドグラスがあった。

Here they found tea laid out for them, and, after taking off their wraps, they sat down and began to look round, while Mrs. Umney waited on them.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

そこで一家は自分たちのためにお茶が用意されているのに気づいた。旅支度を脱いだ後、彼らはミセスウムニーが給仕をする間に、席についてあたりを眺めはじめた

Suddenly Mrs. Otis caught sight of a dull red stain on the floor just by the fireplace, and, quite unconscious of what it really signified, said to Mrs. Umney, “I am afraid something has been spilt there.”

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ミセスオーティスは暖炉のそばの床にある赤いしみに気づいた。そしてそれが何を意味するか気づかずに、ミセスウムニーに言った。「何かがそこでこぼれたのではありませんか」

source:The Canterville Ghost by Oscar Wilde
出典:カンタヴィルゴースト
著者:オスカー・ワイルド
Japanese translation
This site helps you learn Japanese