老家政婦の警告『#7_カンタヴィルの幽霊』和訳

あらすじ

 ワシントンが血のシミを消したとき、雷が落ちて、ミセスウムニーは気絶した。しばらくして意識を取り戻した老家政婦はひどく取り乱していた。彼女は雇い主に幽霊の怖さを訴えたが、オーティス一家は信じなかった。

オスカー・ワイルド「カンタヴィルの幽霊」記事一覧 #1~#63

カンタヴィルの幽霊(対訳)
主語述語

“I knew Pinkerton would do it,” he exclaimed, triumphantly, as he looked round at his admiring family;

The Canterville Ghost

私はピカートンが血のシミを消すことを知っていました
 ワシントンは勝ち誇って叫び声をあげた。感心する家族を見回しながら。

  • knew that

but no sooner had he said these words than a terrible flash of lightning lit up the sombre room, a fearful peal of thunder made them all start to their feet, and Mrs. Umney fainted.

The Canterville Ghost

 しかし、その言葉を言うや否や、
 ものすごい稲光がその薄暗い部屋を照らした
 恐ろしい雷鳴によって、オーティス一家はとびあがった
 そしてミセスウムニーは気を失った

  • lit up+目的語
  • made+目的語
  • fainted

“What a monstrous climate!” said the American Minister, calmly, as he lit a long cheroot.

The Canterville Ghost

なんてひどい気候だろう!
 ミスターオーティスは落ち着いて言った。長い葉巻に火をつけながら。

“I guess the old country is so overpopulated that they have not enough decent weather for everybody.

The Canterville Ghost

ヨーロッパはまともな天気が人々にいきわたらないほど人口過密なのでしょう

  • guess that
  • so that

I have always been of opinion that emigration is the only thing for England.”

The Canterville Ghost

移住が唯一の解決策だと私はずっと思っていました」

“My dear Hiram,” cried Mrs. Otis, “what can we do with a woman who faints?”

The Canterville Ghost

「私たちはミセスウムニーに何ができるでしょう?」ミセスオーティスが言った。

“Charge it to her like breakages,” answered the Minister;“she won’t faint after that;” and in a few moments Mrs. Umney certainly came to.

The Canterville Ghost

見舞金を彼女に支払いなさい。そうすれば気絶しないでしょう」ミスターオーティスが答えた。
 しばらくして、ミセスウムニーは意識を取り戻した。

There was no doubt, however, that she was extremely upset, and she sternly warned Mr. Otis to beware of some trouble coming to the house.

The Canterville Ghost

 しかしながら、彼女が取り乱していることは間違いなかった
 そして彼女はミスターオーティスに家で起きる厄介ごとに気を付けるよう厳重に注意した

  • warn somebody to do

“I have seen things with my own eyes, sir,” she said, “that would make any Christian’s hair stand on end, and many and many a night I have not closed my eyes in sleep for the awful things that are done here.”

The Canterville Ghost

私は自分の目で見てきました。ここで行われる行為を見れば、どんなキリスト教徒の髪でも逆立つでしょう。私はずっと目を閉じて寝ていません」

Mr. Otis, however, and his wife warmly assured the honest soul that they were not afraid of ghosts, and, after invoking the blessings of Providence on her new master and mistress, and making arrangements for an increase of salary, the old housekeeper tottered off to her own room.

The Canterville Ghost

 しかしながら、ミスターオーティスと彼の妻は、自分たちは幽霊を恐れていないのだと言って、その老家政婦を安心させた
 そして、新しい主人たちに神の加護を願い、賃金増加の取り決めをした後、老家政婦は自分の部屋へふらふらと歩いていった

  • assure somebody that
  • tottered off

reference :The Canterville Ghost by Oscar Wilde (project gutenberg)
Japanese translation