幽霊の痕跡『#8_カンタヴィルの幽霊』和訳

あらすじ

床上の血痕を消した夜、激しい嵐がやってきたが、特に何も起こらなかった。
翌朝オーティス一家が起きてくると、消したはずの血のシミが復活していた。その日もシミを綺麗にしたが、血のシミは次の日の朝には元に戻っていた。オーティス一家は幽霊の存在を認めた。

オスカー・ワイルド「カンタヴィルの幽霊」記事一覧 #1~#63

#8 the canterville ghost
日本語訳
the subject/the predicate

The storm raged fiercely all that night, but nothing of particular note occurred.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

嵐は一晩中激しく猛威を振るったが、何も特別なことは起こらなかった

The next morning, however, when they came down to breakfast, they found the terrible stain of blood once again on the floor.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

しかし翌朝、オーティス一家が朝食にやってくると、床に再び血のシミを見つけた

“I don’t think it can be the fault of the Paragon Detergent,” said Washington, “for I have tried it with everything. It must be the ghost.”

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

「パラゴンディタージェントの欠陥だとは思いません。あらゆる物に試したことがあるのですから。幽霊の仕業に違いありませんワシントンは言った。


He accordingly rubbed out the stain a second time, but the second morning it appeared again.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ワシントンは血のシミをもう一度ふき取った。しかし二日目の朝も、シミは再び現れた

The third morning also it was there, though the library had been locked up at night by Mr. Otis himself, and the key carried up stairs.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

その部屋はミスターオーティスが鍵を掛けて、その鍵は二階にあったにもかかわらず、三日目の朝も血のシミは現れた


The whole family were now quite interested;

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

オーティス家の皆はすっかり興味を持った

Mr. Otis began to suspect that he had been too dogmatic in his denial of the existence of ghosts,

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ミスターオーティスは幽霊の存在を頭から否定し過ぎたかもしれないと思った。

Mrs. Otis expressed her intention of joining the Psychical Society,

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ミセスオーティスは幽霊研究会に参加する意向を表明した

and Washington prepared a long letter to Messrs.Myers and Podmore on the subject of the Permanence of Sanguineous stains when connected with Crime.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ワシントンはマイヤーズアンドパドモア社宛に血のシミの永続性についての手紙を書いた

That night all doubts about the objective existence of phantasmata were removed for ever.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

その夜、幽霊の存在についての疑惑が解決した