カテゴリー
カンタヴィルゴースト

オーティス家の日常『#9_カンタヴィルの幽霊』

今回のあらすじ

オーティス一家は幽霊を認めはしたものの、四六時中幽霊を気にするでもなく、食事での話題と言えば教養のあるアメリカ人の一般的な話題に終始した。

previous page:カンタヴィルゴースト#8

next page:カンタヴィルゴースト#10

contents : カンタヴィルゴースト記事一覧

#9 the canterville ghost
日本語訳
主語述語・修飾語

The day had been warm and sunny; and, in the cool of the evening, the whole family went out to drive.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

その日は暖かく晴れていた。涼しい夕方にオーティス一家はドライブに出かけた

They did not return home till nine o’clock, when they had a light supper.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

彼らは9時まで家に戻らなかった。そして家に戻るとオーティス一家は軽い食事をとった。

The conversation in no way turned upon ghosts, so there were not even those primary conditions of receptive expectations which so often precede the presentation of psychical phenomena.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

幽霊の話題は出なかったし、超自然的な現象の話題に繋がる予兆さえなかった


The subjects discussed, as I have since learned from Mr. Otis, were merely such as from the ordinary conversation of cultured Americans of the better class,

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ずっと後になってミスターオーティスから聞いたのだが、話し合われた話題は教養のあるアメリカ人の単なる日常会話であるとか

such as the immense superiority of Miss Fanny Devonport over Sarah Bernhardt as an actress;

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

(話題)女優のサラバーンハートに対するミスファニーデボンポートの圧倒的な優位性であるとか

the difficulty of obtaining green corn, buckwheat cakes, and hominy, even in the best English houses;

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

(話題)イギリスの上流家庭であってもグリーンコーン、ソバケーキ、ホミニーの入手が難しいことや、

the importance of Boston in the development of the world-soul;

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

世界の発展におけるボストンの重要性であるとか、

the advantages of the baggage-check system in railway travelling;

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

鉄道旅行における手荷物チェックシステムの利点であるとか

and the sweetness of the New York accent as compared to the London drawl.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ロンドン訛りと比べてニューヨーク訛りの可愛らしさが話題だった

source:The Canterville Ghost by Oscar Wilde
出典:カンタヴィルゴースト
著者:オスカー・ワイルド
Japanese translation
This site helps you learn Japanese