カテゴリー
カンタヴィルゴースト

Ordinary Conversation『#9_カンタヴィルの幽霊』和訳

あらすじ

 皆が幽霊の存在を確信した日。その日、オーティス一家は外出していて、夜九時に帰宅した。彼らは軽食を食べながら、幽霊とは関係のない一般的な雑談を始めた。

オスカー・ワイルド「カンタヴィルの幽霊」記事一覧 #1~#63

The Canterville Ghost
Original and Japanese translation

The day had been warm and sunny; and, in the cool of the evening, the whole family went out to drive.

The Canterville Ghost

 幽霊の存在を確信した日、その日は暖かく晴れていました。
 夕方の涼しい時間に、オーティス一家はドライブに出かけました。

They did not return home till nine o’clock, when they had a light supper.

The Canterville Ghost

 彼らは9時までずっと家に帰りませんでした。そしてその時、彼らは軽食を食べました。

The conversation in no way turned upon ghosts, so there were not even those primary conditions of receptive expectations which so often precede the presentation of psychical phenomena.

The Canterville Ghost

 幽霊の話題は出ませんでした。
 ということは、心霊現象を引き起こす環境ではなかったということです。

The subjects discussed, as I have since learned from Mr. Otis, were merely such as from the ordinary conversation of cultured Americans of the better class,

The Canterville Ghost

 私は後でミスターオーティスから聞いたのですが、
 その時に話し合われた話題は、教養あるアメリカ人の一般的な雑談内容に過ぎませんでした。

such as the immense superiority of Miss Fanny Devonport over Sarah Bernhardt as an actress;

The Canterville Ghost

 女優としてミス・ファニー・デボンポートがサラ・バーンハードを大きく引き離したことだとか、

the difficulty of obtaining green corn, buckwheat cakes, and hominy, even in the best English houses;

The Canterville Ghost

 イングリッシュの上流家庭でさえ、グリーンコーン、そばの実ケーキ、ひきわりトウモロコシを手に入れることが難しいということだとか、

the importance of Boston in the development of the world-soul;

The Canterville Ghost

 世界の発展にボストンが重要であることだとか、

the advantages of the baggage-check system in railway travelling;

The Canterville Ghost

 鉄道旅行では手荷物預かり証システムが便利であるだとか、

and the sweetness of the New York accent as compared to the London drawl.

The Canterville Ghost

 ロンドンなまりに比べて、ニューヨークアクセントの可愛らしさなどが雑談の内容でした。

Reference : The Canterville Ghost by Oscar Wilde(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation and language learning