カテゴリー
カンタヴィルゴースト

The Clank of Metal『#10_カンタヴィルの幽霊』和訳

あらすじ

 軽食を食べつつ雑談をした後、オーティス一家は眠りについた。しかし少しして、ミスターオーティスは奇妙な物音を聞いて目を覚ました。扉の外から金属音と足音が聞こえてきた。彼が扉を開けると、そこには老人が立っていた。

オスカー・ワイルド「カンタヴィルの幽霊」記事一覧 #1~#63

The Canterville Ghost
Original and Japanese translation

No mention at all was made of the supernatural, nor was Sir Simon de Canterville alluded to in any way.

The Canterville Ghost

 超自然的な現象を口に出すことも無く、サー・サイモン・デ・カンタヴィルが話題に出ることもありませんでした。

At eleven o’clock the family retired, and by half-past all the lights were out.

The Canterville Ghost

 11時に、オーティス一家は自室に引き上げて、そして11時30分には全ての明かりが消えました。

Some time after, Mr. Otis was awakened by a curious noise in the corridor, outside his room.

The Canterville Ghost

 少しして、ミスターオーティスは目を覚ましました。部屋の外の廊下で奇妙な物音がしたのです。

  • self study, or I’m thinking out loud
  • どんな音だった?
  • What did the noise sound like?

It sounded like the clank of metal, and seemed to be coming nearer every moment.

The Canterville Ghost

 その奇妙な物音は、金属のカチャカチャ鳴るような音でした。どうやら段々近づいてきているようです。

He got up at once, struck a match, and looked at the time.

The Canterville Ghost

 ミスターオーティスはすぐに起き上がり、マッチを擦って、時計を見ました。

It was exactly one o’clock.

The Canterville Ghost

 1時きっかりでした。

He was quite calm, and felt his pulse, which was not at all feverish.

The Canterville Ghost

 彼は比較的落ち着いていました。脈をとると、まったく平静でした。

The strange noise still continued, and with it he heard distinctly the sound of footsteps.

The Canterville Ghost

 例の奇妙な物音はまだ続いていました。その音に加えて、足音がはっきりと聞こえました。

He put on his slippers, took a small oblong phial out of his dressing-case, and opened the door.

The Canterville Ghost

 彼はスリッパをはいて、ガラスの小瓶を化粧箱から取り出して、扉を開きました。

Right in front of him he saw, in the wan moonlight, an old man of terrible aspect.

The Canterville Ghost

 真正面に、青白い月明かりに照らされて、ひどい形相の老人がいました。

  • どんな老人?
  • What did he look like?

His eyes were as red burning coals; long grey hair fell over his shoulders in matted coils; his garments, which were of antique cut, were soiled and ragged, and from his wrists and ankles hung heavy manacles and rusty gyves.

The Canterville Ghost

 その老人の眼は赤く燃える石炭のようでした。
 グレーの長髪が肩まで伸びていました。もつれた巻き毛の状態で。
 彼の衣服は、アンティークカットの服で、汚れてボロボロでした。
 そして彼の手首と足首からは、重たい手かせと足かせがぶら下がっていました。

Reference : The Canterville Ghost by Oscar Wilde(project gutenberg)
English – Japanese parallel translation and language learning