カテゴリー
カンタヴィルゴースト

先住者への敬意『#14_カンタヴィルの幽霊』

今回のあらすじ

幽霊に遭遇した翌朝、オーティス一家は幽霊について話し合った。ミスターオーティスは幽霊に枕を投げつけた双子を注意した。そして幽霊が鎖に油をささないのなら、睡眠をとるために幽霊から鎖を取り上げなければと考えた。

previous page:カンタヴィルゴースト#13

next page:カンタヴィルゴースト#15

contents : カンタヴィルゴースト記事一覧

#14 the canterville ghost 日本語訳
主語述語・修飾語

The next morning, when the Otis family met at breakfast, they discussed the ghost at some length.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

翌朝、オーティス一家が朝食で顔を合わせると、彼らは長時間幽霊について話し合った

The United States Minister was naturally a little annoyed to find that his present had not been accepted.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

アメリカ公使は贈り物が受け取られなかったことを知って少々苛立っていた

“I have no wish,” he said, “to do the ghost any personal injury, and I must say that, considering the length of time he has been in the house, I don’t think it is at all polite to throw pillows at him,” — a very just remark, at which, I am sorry to say, the twins burst into shouts of laughter.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

私は幽霊に危害を加えたくありません。長いこと幽霊が家に憑いていたことを考えると、彼に枕を投げることが礼儀正しいことだとはとても思えないと言わざるを得ませんミスターオーティスは至極まっとうな意見を言ったのだが、残念なことに、それについて双子は大笑いを爆発させた。

“Upon the other hand, “he continued, “if he really declines to use the Rising Sun Lubricator, we shall have to take his chains from him. It would be quite impossible to sleep, with such a noise going on outside the bedrooms.”

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

「彼がライジングサンルブリケータを使う事を拒むなら、彼から鎖を取り上げなければなりません。寝室の外であんな音がしていれば眠ることができないでしょうからミスターオーティスは続けた。

For the rest of the week, however, they were undisturbed, the only thing that excited any attention being the continual renewal of the blood-stain on the library floor.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

しかしその週の間、血のシミの書き換えに興味をひかれただけで、彼らは平穏だった

source:The Canterville Ghost by Oscar Wilde
出典:カンタヴィルゴースト
著者:オスカー・ワイルド
Japanese translation
This site helps you learn Japanese