カテゴリー
カンタヴィルゴースト

嵐の日の計画『#18_カンタヴィルの幽霊』

今回のあらすじ

幽霊は数日間寝込み、シミを修復する時を除いて外出することはなかった。そしてしっかりと療養して、アメリカ公使とその家族を怖がらせる3度目の計画をたてた。

previous page:カンタヴィルゴースト#17

next page:カンタヴィルゴースト#19

contents : カンタヴィルゴースト記事一覧

#18 the canterville ghost 日本語訳
主語述語・修飾語

For some days after this he was extremely ill, and hardly stirred out of his room at all, except to keep the blood-stain in proper repair.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

この後数日間、幽霊は体調を崩して部屋からまったく出れなかった。血のシミを修復することを除いて。

However, by taking great care of himself, and resolved to make a third attempt to frighten the United States Minister and his family.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

しかし十分に療養して、アメリカ公使と彼の家族を怖がらせる三度目の挑戦を決意した

He selected Friday, August 17th, for his appearance, and spent most of that day in looking over his wardrobe, ultimately deciding in favour of a large slouched hat with a red feather, a winding-sheet frilled at the wrists and neck, and a rusty dagger.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

彼は登場する日に8月17日の金曜日を選んだ。そして丸一日を費やして洋服ダンスを調べ、最終的に赤い羽根のついた大きなスラウチハット、手首と首の部分にフリルのついたワインディングシート、そして錆びたダガーに決めた。

Towards evening a violent storm of rain came on, and the wind was so high that all the windows and doors in the old house shook and rattled.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

夕方ごろに激しい嵐がやってきた風がとても強く、古い家の窓と扉は音をたてて揺れた

In fact, it was just such weather as he loved.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

まさに、幽霊が望んだとおりの天候だった。

His plan of action was this.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

彼の計画はこの日だった。

source:The Canterville Ghost by Oscar Wilde
出典:カンタヴィルゴースト
著者:オスカー・ワイルド
Japanese translation
This site helps you learn Japanese