カテゴリー
カンタヴィルゴースト

最後の手段『#27_カンタヴィルの幽霊』

今回のあらすじ

カンタヴィルゴーストにはやらねばならない神聖な仕事があった。その仕事をこなすために、彼は家の中を歩き回らなければならず、オーティス一家に気づかれないようあらゆる手段を講じた。

previous page:カンタヴィルゴースト#26

next page:カンタヴィルゴースト#28

contents : カンタヴィルゴースト記事一覧

#27 the canterville ghost 日本語訳
主語述語・修飾語

For the next three Saturdays, accordingly, he traversed the corridor as usual between midnight and three o’clock, taking every possible precaution against being either heard or seen.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

それ故、次の第三土曜日にカンタヴィルゴーストはいつものように午前0時から午前3時まで廊下を歩き回った。気づかれないようにあらゆる手段を講じて。

He removed his boots, trod as lightly as possible on the old worm-eaten boards, wore a large black velvet cloak, and was careful to use the Rising Sun Lubricator for oiling his chains.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

彼は靴を脱ぎ、古い虫食い床板の上を出来る限り静かに歩いた。大きくて黒いベルベットクロークを着て、鎖にはライジングサンルブリケータを使用することにした

I am bound to acknowledge that it was with a good deal of difficulty that he brought himself to adopt this last mode of protection.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

私は認めざるを得ない。幽霊がこの最終手段をとることに多くの葛藤を伴ったことを

However, one night, while the family were at dinner, he slipped into Mr. Otis’s bedroom and carried off the bottle.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ある晩、オーティス一家が夕食を取っているうちに、カンタヴィルゴーストはミスターオーティスの寝室に忍び込み小瓶を持ち出した

He felt a little humiliated at first, but afterwards was sensible enough to see that there was a great deal to be said for the invention, and, to a certain degree, it served his purpose.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

最初、彼は少し屈辱を感じた。しかしその後、画期的な発明だと言われるだけのことはあると評価した。そしてある程度それは彼の目的に役立った

source:The Canterville Ghost by Oscar Wilde
出典:カンタヴィルゴースト
著者:オスカー・ワイルド
Japanese translation
This site helps you learn Japanese