カテゴリー
カンタヴィルゴースト

幽霊の心が折れる『#30_カンタヴィルの幽霊』

今回のあらすじ

カンタヴィルゴーストが双子の部屋に入ると、水瓶が倒れてきて、危うく下敷きになるところだった。双子が幽霊に水瓶を倒したのだ。幽霊は驚いて、一目散に部屋へと逃げ去った。

previous page:カンタヴィルゴースト#29

next page:カンタヴィルゴースト#31

contents : カンタヴィルゴースト記事一覧

#30 the canterville ghost 日本語訳
主語述語・修飾語

On reaching the room occupied by the twins, which I should mention was called the Blue Bed Chamber, on account of the colour of its hangings, he found the door just ajar.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

双子に使用されている部屋に到着すると(その部屋は壁紙の色からブルーベッドチャンバーと呼ばれていた)、カンタヴィルゴーストは扉が少し開いているのに気が付いた

Wishing to make an effective entrance, he flung it wide open, when a heavy jug of water fell right down on him, wetting him to the skin, and just missing his left shoulder by a couple of inches.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

印象的な登場にしたいと思い、カンタヴィルゴーストは扉をあけ放った。するとその時、重い水瓶が彼に倒れてきた。彼の肌を濡らし、左肩を数インチ掠めていった。

At the same moment he heard stifled shrieks of laughter proceeding from the four-post bed.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

同時に、カンタヴィルゴーストは4ポストベッドから発せられた押し殺した笑い声を聞いた

The shock to his nervous system was so great that he fled back to his room as hard as he could go, and the next day he was laid up with a severe cold.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

カンタヴィルゴーストの繊細な精神に届いた衝撃は大きく彼は一目散に自分の部屋へ逃げ帰った。そして翌日、彼は重い風邪で寝込んでしまった。

The only thing that at all consoled him in the whole affair was the fact that he had not brought his head with him, for, had he done so, the consequences might have been very serious.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

一連の出来事で慰めとなった唯一の事は彼が自分の頭部を持っていっていなかったという事だ。もしも彼が頭部を備えていたとしたら、結末はとても深刻なものであっただろうから。

He now gave up all hope of ever frightening this rude American family, and contented himself, as a rule, with creeping about the passages in list slippers, with a thick red muffler round his throat for fear of draughts, and a small arquebuse, in case he should be attacked by the twins.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

カンタヴィルゴーストはこの無礼なアメリカ人一家を怖がらせることを諦めた。そして隙間風を通さないように厚手の赤いマフラーを首に巻き、双子に襲われた場合に備えて小銃を持ち、廊下をこっそりとあるくだけで満足することとした

source:The Canterville Ghost by Oscar Wilde
出典:カンタヴィルゴースト
著者:オスカー・ワイルド
Japanese translation
This site helps you learn Japanese