カテゴリー
カンタヴィルゴースト

決定的な出来事『#31_カンタヴィルの幽霊』

今回のあらすじ

9月19日、カンタヴィルゴーストはエントランスホールでのんびりと、オーティス夫妻の写真に文句を言って楽しんでいた。彼はそこが安全な場所だと思っていたのだ。人目に触れないとしても、彼はきっちりと『墓無しジョナス』の扮装で出歩いていた。

previous page:カンタヴィルゴースト#30

next page:カンタヴィルゴースト#32

contents : カンタヴィルゴースト記事一覧

#31 the canterville ghost 日本語訳
主語述語・修飾語

The final blow he received occurred on the 19th of September.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

幽霊にとって決定的な出来事が9月19日に起こった

He had gone down-stairs to the great entrance-hall, feeling sure that there, at any rate, he would be quite unmolested,

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

カンタヴィルゴーストはエントランスホールに降りていた。少なくとも、そこではのんびりできるだろうと考えていたのだ。

and was amusing himself by making satirical remarks on the large Saroni photographs of the United States Minister and his wife which had now taken the place of the Canterville family pictures.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

そしてカンタヴィル一族の絵の置き場所を占領したアメリカ公使と彼の妻の写真に皮肉を言って楽しんでいた

He was simply but neatly clad in a long shroud, spotted with churchyard mould, had tied up his jaw with a strip of yellow linen, and carried a small lantern and a sexton’s spade.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

彼は簡易に、しかしきっちりと長いシュラウドを身にまとっていた。黄色いリネンの紐で口を結び、小さなランタンと墓守のショベルを持ち歩いていた。

In fact, he was dressed for the character of “Jonas the Graveless, or the Corpse-Snatcher of Chertsey Barn,” one of his most remarkable impersonations,

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

彼は『墓無しジョナス』の扮装をしていた

and one which the Cantervilles had every reason to remember, as it was the real origin of their quarrel with their neighbour, Lord Rufford.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

カンタヴィル家はその扮装を忘れない理由があった。その扮装は隣人との口論の原因となったからだ

source:The Canterville Ghost by Oscar Wilde
出典:カンタヴィルゴースト
著者:オスカー・ワイルド
Japanese translation
This site helps you learn Japanese