カテゴリー
カンタヴィルゴースト

幽霊が姿を消した原因『#32_カンタヴィルの幽霊』

今回のあらすじ

夜中、誰も起きていないだろうと安心して散歩に出ていたカンタヴィルゴーストの前に、突然人影が飛び出した。幽霊は逃げようとするも、複数人に逃げ場を封じられ、ストーブの中に逃げざるを得なかった。外見も内面もボロボロの状態で部屋に帰り着き、幽霊はそれ以降姿を見せなかった。

previous page:カンタヴィルゴースト#31

next page:カンタヴィルゴースト#33

contents : カンタヴィルゴースト記事一覧

#32 the canterville ghost 日本語訳
主語述語・修飾語

It was about a quarter-past two o’clock in the morning, and, as far as he could ascertain, no one was stirring.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

朝の2時15分頃だった。カンタヴィルゴーストが確かめる限りでは、誰も活動してはいなかった

As he was strolling towards the library, however, to see if there were any traces left of the blood-stain, suddenly there leaped out on him from a dark corner two figures, who waved their arms wildly above their heads, and shrieked out “BOO!” in his ear.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

血のシミの痕跡を確かめようと、幽霊がライブラリの方へ歩いていると、暗い曲がり角から突然二つの人影が飛び出したその人影は頭の上で腕を激しく振り回し、金切り声をあげた。「ブー!」

Seized with a panic, which, under the circumstances, was only natural, he rushed for the staircase,

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

その状況で恐怖にかられるのは当然で、彼は慌てて階段に走った

but found Washington Otis waiting for him there with the big garden-syringe,

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

しかしワシントンオーティスが大きなガーデンシリンジを持って待ち構えてるのに気が付いた

and being thus hemmed in by his enemies on every side, and driven almost to bay, he vanished into the great iron stove, which, fortunately for him, was not lit,

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

そうして敵に四方を取り囲まれて、窮地に追い込まれてしまい、彼は大きなストーブの中に姿を消した。幸いなことにストーブは火がついていなかった

and had to make his way home through the flues and chimneys, arriving at his own room in a terrible state of dirt, disorder, and despair.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

煙突の煙道を通って帰らなければならず、ひどく汚れて、混乱して、気落ちした状態で自分の部屋に帰り着いた。

After this he was not seen again on any nocturnal expedition.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

これ以降、幽霊は二度と夜の遠征に現れなかった

source:The Canterville Ghost by Oscar Wilde
出典:カンタヴィルゴースト
著者:オスカー・ワイルド
Japanese translation
This site helps you learn Japanese