カテゴリー
カンタヴィルゴースト

幽霊のいない日常『#33_カンタヴィルの幽霊』

今回のあらすじ

幽霊が姿を現さなくなってからも、双子は廊下に罠を仕掛け続けた。しかしそれはことごとく無駄になった。幽霊が出なくなったことで、ミスターオーティスたちに日常が戻り始めた。

previous page:カンタヴィルゴースト#32

next page:カンタヴィルゴースト#34

contents : カンタヴィルゴースト記事一覧

#33 the canterville ghost 日本語訳
主語述語・修飾語

The twins lay in wait for him on several occasions, and strewed the passages with nutshells every night to the great annoyance of their parents and the servants, but it was of no avail.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

双子は何度か幽霊を待ち構え、毎晩木の実の殻で廊下を散らかした。彼らの両親と使用人には大迷惑だったが、それは何の役にも立たなかった。

It was quite evident that his feelings were so wounded that he would not appear.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

幽霊の心が傷つけられたせいで、彼は姿を見せないのだ。

Mr. Otis consequently resumed his great work on the history of the Democratic Party, on which he had been engaged for some years;

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

幽霊が姿を見せないので、ミスターオーティスは民主党の歴史に関する仕事を再開した。彼はその仕事に何年も携わっていたのだ。

Mrs. Otis organized a wonderful clam-bake, which amazed the whole county;

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ミセスオーティスは素晴らしいパーティーを開催した。そしてそれは地域を驚かせた。

the boys took to lacrosse euchre, poker, and other American national games,

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

オーティス家の息子たちはラクロスユーカー、ポーカー、その他のアメリカの国民的なゲームに熱中した

and Virginia rode about the lanes on her pony, accompanied by the young Duke of Cheshire, who had come to spend the last week of his holidays at Canterville Chase.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ヴァージニアはポニーに乗って散歩した。彼女はチェシャー若侯爵と一緒だった。若侯爵はカンタヴィルチェイスに休暇の最終週を過ごしに来ていたのだ。

It was generally assumed that the ghost had gone away, and, in fact, Mr. Otis wrote a letter to that effect to Lord Canterville, who, in reply, expressed his great pleasure at the news, and sent his best congratulations to the Minister’s worthy wife.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

幽霊は立ち去ったのだと思われていた。実際、ミスターオーティスはロードカンタヴィルへの手紙にその顛末を書いたロードカンタヴィルはその知らせに喜びを示して、公使の妻へ祝いの言葉を贈った

source:The Canterville Ghost by Oscar Wilde
出典:カンタヴィルゴースト
著者:オスカー・ワイルド
Japanese translation
This site helps you learn Japanese