カテゴリー
カンタヴィルゴースト

幽霊を慰める『#37_カンタヴィルの幽霊』

今回のあらすじ

ひどく落ち込んで憂鬱そうな幽霊に、ヴァージニアは声をかけた。兄弟はイートンに帰るので、騒ぎを起こさなければ平穏な生活に戻れるはずであると。
それに対して、徘徊することを止めるわけにはいかないと幽霊は答えた。

previous page:カンタヴィルゴースト#36

next page:カンタヴィルゴースト#38

contents : カンタヴィルゴースト記事一覧

#37 the canterville ghost 日本語訳
主語述語・修飾語

So light was her footfall, and so deep his melancholy, that he was not aware of her presence till she spoke to him.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ヴァージニアの足音はとても軽やかで、カンタヴィルゴーストの憂鬱さはとても深かった為に、幽霊は彼女が話しかけるまで彼女の存在に気がつかなかった

“I am so sorry for you,” she said, “but my brothers are going back to Eton to-morrow, and then, if you behave yourself, no one will annoy you.”

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

とても申し訳なく思っています。しかし私の兄弟たちは明日イートンへ帰る予定なので、あなたが行儀よくするならば誰もあなたを困らせませんよヴァージニアは言った。

“It is absurd asking me to behave myself,” he answered, looking round in astonishment at the pretty little girl who had ventured to address him, “quite absurd. I must rattle my chains, and groan through keyholes, and walk about at night, if that is what you mean. It is my only reason for existing.”

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

「私に行儀良くしてほしいと求めるなんて、本当に不合理です私は鎖を鳴らし、鍵穴を通してうめき声を届け、夜中にうろつき回らなければなりません。そのことを言っているのでしょうか。それは私の唯一の存在理由です」ヴァージニアに驚き、周囲を確認して幽霊は言った。

“It is no reason at all for existing, and you know you have been very wicked. Mrs. Umney told us, the first day we arrived here, that you had killed your wife.”

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ヴァージニア)「それは違うでしょう。何しろ、あなたはとても邪悪だったのですから。私たちが到着した初日に、ミセスウムニーはあなたが自分の妻を害したことを話してくれました」

“Well, I quite admit it,” said the Ghost, petulantly, “but it was a purely family matter, and concerned no one else.”

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

「まあ、認めましょう。しかしそれは純粋に家族の問題です。他人に関係ないでしょう」幽霊は不機嫌そうに言った。

source:The Canterville Ghost by Oscar Wilde
出典:カンタヴィルゴースト
著者:オスカー・ワイルド
Japanese translation
This site helps you learn Japanese