カテゴリー
カンタヴィルゴースト

エメラルドグリーンの血『#39_カンタヴィルの幽霊』

今回のあらすじ

ヴァージニアはオーティス家を侮辱した幽霊を許さなかった。彼女は幽霊に対して怒っていた。幽霊が絵の具を盗み出したせいで、好きな絵が描けなくなってしまったからだ。

previous page:カンタヴィルゴースト#38

next page:カンタヴィルゴースト#40

contents : カンタヴィルゴースト記事一覧

#39 the canterville ghost 日本語訳
主語述語・修飾語

“No, thank you, I never eat anything now; but it is very kind of you, all the same, and you are much nicer than the rest of your horrid, rude, vulgar, dishonest family.”

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

カンタヴィルゴースト)「ありがとうございます。私は今や何も食べませんが、あなたの親切に感謝します。不快で失礼で下品な家族と比べて、あなたは素晴らしい人です

“Stop!” cried Virginia, stamping her foot,

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

やめてください!」地団太を踏んで、ヴァージニアは叫んだ。

“it is you who are rude, and horrid, and vulgar, and as for dishonesty, you know you stole the paints out of my box to try and furbish up that ridiculous blood-stain in the library.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ヴァージニア)「不快で失礼で下品なのはあなたです。なにしろあなたは血のシミを書き直すために私の道具箱から絵の具を盗んだのですから

First you took all my reds, including the vermilion, and I couldn’t do any more sunsets, then you took the emerald-green and the chrome-yellow,

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ヴァージニア)「最初にあなたは朱色を含めた赤系の色を持っていきました。そんなことをしたら、私はもう夕焼け空を描けません。それからあなたはエメラルドグリーンとクロムイエローを持っていきました

and finally I had nothing left but indigo and Chinese white, and could only do moonlight scenes, which are always depressing to look at, and not at all easy to paint.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ヴァージニア)「そしてもう、藍色と白色しか残っていません。私は月明かりの光景しか描けません。そしてその光景は憂鬱な気持ちにさせるし、描きやすくありません」

I never told on you, though I was very much annoyed, and it was most ridiculous, the whole thing; for who ever heard of emerald-green blood?”

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ヴァージニア)「あなたに言いませんでしたが、私はとても腹を立てていましたし、それは非常に滑稽でした。エメラルドグリーンの血なんて誰も聞いたことないでしょう?」

source:The Canterville Ghost by Oscar Wilde
出典:カンタヴィルゴースト
著者:オスカー・ワイルド
Japanese translation
This site helps you learn Japanese