カテゴリー
カンタヴィルゴースト

幽霊は眠れない『#41_カンタヴィルの幽霊』

今回のあらすじ

カンタヴィルゴーストは去ろうとするヴァージニアを引き留めた。彼は眠れないことを告白して助けを求めたが、ヴァージニアは相手にしなかった。起きて居続けることは難しくとも、眠ることは子供にだって簡単にできるからだ。

previous page:カンタヴィルゴースト#40

next page:カンタヴィルゴースト#42

contents : カンタヴィルゴースト記事一覧

#41 the canterville ghost 日本語訳
主語述語・修飾語

“Please don’t go, Miss Virginia,” he cried; “I am so lonely and so unhappy, and I really don’t know what to do. I want to go to sleep and I cannot.”

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

いかないでください、ミスヴァージニア」カンタヴィルゴーストは叫んだ。「私は孤独で不安なのです。どうすればいいのか全くわかりません。私は眠りたいのですが、眠ることができないのです

That’s quite absurd! You have merely to go to bed and blow out the candle.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ヴァージニア)「ばかげています!ただベッドに入ってろうそくを吹き消せばいいだけです」

It is very difficult sometimes to keep awake, especially at church, but there is no difficulty at all about sleeping.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ヴァージニア)「起き続けることがとても難しい時があります。特に教会では。しかし眠ることについては全く難しくありません

Why, even babies know how to do that, and they are not very clever.”

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ヴァージニア)「乳幼児でさえ眠り方を知っています。全然賢くなんてないのに」

“I have not slept for three hundred years,” he said sadly, and Virginia’s beautiful blue eyes opened in wonder; “for three hundred years I have not slept, and I am so tired.”

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

私は300年眠っていません幽霊は悲しげに言った。するとヴァージニアの美しい青い瞳は驚きに見開かれた。「私は300年眠っていないので、とても疲れています」

Virginia grew quite grave, and her little lips trembled like rose-leaves.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ヴァージニアはすっかり深刻になった。彼女の小さな唇はバラの葉のように震えた。

She came towards him, and kneeling down at his side, looked up into his old withered face.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ヴァージニアは幽霊のほうに近づき、彼のそばに跪いて、彼のくたびれた顔を覗き込んだ

“Poor, poor Ghost,” she murmured; “have you no place where you can sleep?”

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

「かわいそうな幽霊さん」ヴァージニアはささやいた。「あなたは眠ることのできる場所が無いのですか?

source:The Canterville Ghost by Oscar Wilde
出典:カンタヴィルゴースト
著者:オスカー・ワイルド
Japanese translation
This site helps you learn Japanese