カテゴリー
カンタヴィルゴースト

若公爵の愛情『#48_カンタヴィルの幽霊』

今回のあらすじ

ミスターオーティスは一度自宅へ戻り、すぐに馬に乗って家を出た。少しも進まないうちに、誰かがついてきているのが聞こえて、彼は振り返った。そこにはポニーに乗ってついてくる若公爵の姿があった。
ヴァージニアに対する若公爵の愛情に胸を打たれて、ミスターオーティスは若公爵の同行を許した。

previous page:カンタヴィルゴースト#47

next page:カンタヴィルゴースト#49

contents : カンタヴィルゴースト記事一覧

#48 the canterville ghost 日本語訳
主語述語・修飾語

He then ordered his horse to be brought round, and, after insisting on his wife and the three boys sitting down to dinner, rode off down the Ascot road with a groom.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ミスターオーティスはそれから馬を連れてくるよう指示して、妻と少年たちに食事するよう言った後、馬丁を伴ってアスコットロードを走り去った

He had hardly, however, gone a couple of miles, when he heard somebody galloping after him, and, looking round, saw the little Duke coming up on his pony, with his face very flushed, and no hat.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

しかし、ミスターオーティスが2マイルも進めなかった。彼は誰かが後ろを駆けているのが聞こえて、振り返ると、真っ赤な顔で帽子も持たずに、ポニーに乗ってついてくる若公爵が見えた

I’m awfully sorry, Mr. Otis,” gasped out the boy, “but I can’t eat any dinner as long as Virginia is lost.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

チェシャー若公爵)「大変申し訳ありません、ミスターオーティス。私はヴァージニアが行方不明でいる限り、何も食べることができません

Please don’t be angry with me; if you had let us be engaged last year, there would never have been all this trouble.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

若公爵)「怒らないでください。もしあなたが去年私たちを婚約させていたらこのトラブルは起こらなかったはずです

You won’t send me back, will you? I can’t go! I won’t go!”

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

若公爵)「私を追い返さないでしょう?私は帰りませんよ!」

The Minister could not help smiling at the handsome young scapegrace, and was a good deal touched at his devotion to Virginia, so leaning down from his horse, he patted him kindly on the shoulders, and said, “Well, Cecil, if you won’t go back, I suppose you must come with me, but I must get you a hat at Ascot.”

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ミスターオーティスはハンサムで若い困り者に思わず微笑んだ。そして彼のヴァージニアへの深い愛情に心を動かされて、馬から身を乗り出し、優し気に若公爵の肩を叩いて言った
「仕方ない、セシル。帰らないなら、連れていくしかありませんね。しかし私はアスコットであなたに帽子を買わなければなりません」

“Oh, bother my hat! I want Virginia!” cried the little Duke, laughing, and they galloped on to the railway station.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ご迷惑をおかけします。私にはヴァージニアが必要です」若公爵は笑いながら言った。そして彼らは鉄道駅に馬を走らせた。

source:The Canterville Ghost by Oscar Wilde
出典:カンタヴィルゴースト
著者:オスカー・ワイルド
Japanese translation
This site helps you learn Japanese