カテゴリー
カンタヴィルゴースト

小さな牢獄『#53_カンタヴィルの幽霊』

今回のあらすじ

ヴァージニアは家族を連れて羽目板の中に引き返した。彼女が案内する先には扉があり、その中は狭苦しい部屋だった。窓には鉄格子がはまり、壁には鉄の輪が埋まっていた。輪には骸骨がつなげられていて、その骸骨は届かない位置にある皿と水差しに手を伸ばした状態で朽ちていた。

previous page:カンタヴィルゴースト#52

next page:カンタヴィルゴースト#54

contents : カンタヴィルゴースト記事一覧

#53 the canterville ghost 日本語訳
主語述語・修飾語

The whole family gazed at her in mute amazement, but she was quite grave and serious; and, turning round, she led them through the opening in the wainscoting down a narrow secret corridor, Washington following with a lighted candle, which he had caught up from the table.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

家族全員が驚いて声もなくヴァージニアを凝視した。しかしヴァージニアは真剣で本気だった
そして振り返り、ヴァージニアは羽目板の下を通って狭い秘密の通路を先導した
ワシントンはテーブルから持ってきた火のついたろうそくを持って追いかけた

Finally, they came to a great oak door, studded with rusty nails.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

彼らは錆びた飾り鋲のある大きなオークの扉に行き着いた

When Virginia touched it, it swung back on its heavy hinges, and they found themselves in a little low room, with a vaulted ceiling, and one tiny grated window.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ヴァージニアが扉に触れると、扉が開いた彼らは鉄格子のついた小さい窓と丸天井の狭い部屋であることが分かった

Imbedded in the wall was a huge iron ring, and chained to it was a gaunt skeleton, that was stretched out at full length on the stone floor, and seemed to be trying to grasp with its long fleshless fingers an old-fashioned trencher and ewer, that were placed just out of its reach.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

巨大な鉄の輪が壁に埋め込んであった。そして、やせこけた骸骨が輪に繋がっていたその骸骨は石の床で体をめいっぱい伸ばし、その長い指で木皿と水差しを掴もうと試みていたようだったその木皿と水差しはぎりぎり手の届かない場所にあったのだ

source:The Canterville Ghost by Oscar Wilde
出典:カンタヴィルゴースト
著者:オスカー・ワイルド
Japanese translation
This site helps you learn Japanese