カテゴリー
カンタヴィルゴースト

葬列の出発『#55_カンタヴィルの幽霊』

今回のあらすじ

幽霊の最期が確認された四日後に、カンタヴィルチェイスから葬列が出発した。ロードカンタヴィルがウェールズから訪れて、喪主となり、ヴァージニアと一緒に先頭の馬車に乗った。オーティス家の家族と若公爵、そして長年幽霊に悩まされてきたミセスウムニーが葬列に参加した。

previous page:カンタヴィルゴースト#54

next page:カンタヴィルゴースト#56

contents : カンタヴィルゴースト記事一覧

#55 the canterville ghost 日本語訳
主語述語・修飾語

Four days after these curious incidents, a funeral started from Canterville Chase at about eleven o’clock at night.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

この奇妙な出来事の四日後に、カンタヴィルチェイスから夜の11時ごろに葬列が動き始めた

The hearse was drawn by eight black horses, each of which carried on its head a great tuft of nodding ostrich-plumes, and the leaden coffin was covered by a rich purple pall, on which was embroidered in gold the Canterville coat-of-arms.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

霊柩車は頭にダチョウの羽飾りをつけた8頭の黒い馬にけん引されていた
鉛の棺はカンタヴィルの紋章が刺繍された豪華な紫の布に包まれていた

By the side of the hearse and the coaches walked the servants with lighted torches, and the whole procession was wonderfully impressive.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

霊柩車と複数の馬車のそばには、火のついた松明を持った使用人たちが同行した
その葬列は不思議なほど印象的だった

Lord Canterville was the chief mourner, having come up specially from Wales to attend the funeral, and sat in the first carriage along with little Virginia.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ロードカンタヴィルが喪主だった。葬儀に出席するために特別にウェールズからやってきていて、リトルヴァージニアを伴って先頭の馬車に座っていた

Then came the United States Minister and his wife, then Washington and the three boys, and in the last carriage was Mrs. Umney.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

アメリカ公使と彼の妻が後に続き、ワシントンと三人の少年たちがその後に続いた。そして最後の馬車にはミセスウムニーが乗っていた

It was generally felt that, as she had been frightened by the ghost for more than fifty years of her life, she had a right to see the last of him.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ミセスウムニーは人生の50年以上も幽霊におびえていたので、幽霊の最期を見届ける権利があると思われたのだ

source:The Canterville Ghost by Oscar Wilde
出典:カンタヴィルゴースト
著者:オスカー・ワイルド
Japanese translation
This site helps you learn Japanese