カテゴリー
カンタヴィルゴースト

棺の埋葬『#56_カンタヴィルの幽霊』

今回のあらすじ

カンタヴィルゴーストの棺が埋葬されるとき、ヴァージニアはアーモンドの花で作った十字架を供えた。すると月の光が教会墓地に溢れ、遠くでナイチンゲールが鳴いた。彼女は死の庭の情景を思い出し、涙を浮かべた。

previous page:カンタヴィルゴースト#55

next page:カンタヴィルゴースト#57

contents : カンタヴィルゴースト記事一覧

#56 the canterville ghost 日本語訳
主語述語・修飾語

A deep grave had been dug in the corner of the churchyard, just under the old yew-tree, and the service was read in the most impressive manner by the Rev. Augustus Dampier.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

深い墓穴が教会墓地の角のイチイの古木の真下に掘ってあった
幽霊の功績がアウグスタスダンピア牧師によってとても印象的に読み上げられた

When the ceremony was over, the servants, according to an old custom observed in the Canterville family, extinguished their torches,

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

葬儀が終わると、使用人たちはカンタヴィル家の古い習わしに従って、松明の火を消した

and, as the coffin was being lowered into the grave, Virginia stepped forward, and laid on it a large cross made of white and pink almond-blossoms.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

棺が墓穴に降ろされると、ヴァージニアが歩み出て、白とピンクのアーモンドの花で作った大きな十字架を棺に置いた

As she did so, the moon came out from behind a cloud, and flooded with its silent silver the little churchyard, and from a distant copse a nightingale began to sing.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

彼女が十字架を置くと、月が雲の後ろから出て、その静かな銀の光で小さな教会墓地を照らした。そして遠くにある雑木林からナイチンゲールが歌い始めた

She thought of the ghost’s description of the Garden of Death, her eyes became dim with tears, and she hardly spoke a word during the drive home.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

彼女は幽霊が説明した死の庭の描写を思い出し涙で視界がぼやけた
彼女は帰り道でほとんどしゃべらなかった

source:The Canterville Ghost by Oscar Wilde
出典:カンタヴィルゴースト
著者:オスカー・ワイルド
Japanese translation
This site helps you learn Japanese