カテゴリー
カンタヴィルゴースト

宝石の価値『#57_カンタヴィルの幽霊』

今回のあらすじ

ミスターオーティスはヴァージニアの手に渡った宝石についてロードカンタヴィルと面会した。ミスターオーティスは高価な宝石を娘が所有することに懸念を示し、カンタヴィル家の財産とみなしてロンドンに持ち帰るよう勧めた。

previous page:カンタヴィルゴースト#56

next page:カンタヴィルゴースト#58

contents : カンタヴィルゴースト記事一覧

#57 the canterville ghost 日本語訳
主語述語・修飾語

The next morning, before Lord Canterville went up to town, Mr. Otis had an interview with him on the subject of the jewels the ghost had given to Virginia.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

翌朝、ロードカンタヴィルが街に戻る前にミスターオーティスは幽霊がヴァージニアに贈った宝石の件で彼と面会した

They were perfectly magnificent, especially a certain ruby necklace with old Venetian setting, which was really a superb specimen of sixteenth-century work,

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

宝石は実に見事なものだった。特に、古いベネチア派時代のルビーネックレスだ。それは16世紀の実に見事な代表作だった。

and their value was so great that Mr. Otis felt considerable scruples about allowing his daughter to accept them.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

それらの価値はとても大きくミスターオーティスは娘にそれらを受け取らせることについて相当躊躇した

“My lord,” he said, “I know that in this country mortmain is held to apply to trinkets as well as to land,

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ミスターオーティス)「閣下、この国では死手譲渡が土地はもちろん宝石にも適用されますよね

and it is quite clear to me that these jewels are, or should be, heirlooms in your family.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ミスターオーティス)「明らかにこれらの宝石はあなたの一族の財産です。財産であるべきです」

I must beg you, accordingly, to take them to London with you, and to regard them simply as a portion of your property which has been restored to you under certain strange conditions.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ミスターオーティス)「それらをロンドンに持ち帰り、ある奇妙な状況下で取り戻したあなたの財産の一部だと見なすように私はあなたに頼まなければなりません

source:The Canterville Ghost by Oscar Wilde
出典:カンタヴィルゴースト
著者:オスカー・ワイルド
Japanese translation
This site helps you learn Japanese