カテゴリー
カンタヴィルゴースト

ヴァージニアの宝石『#61_カンタヴィルの幽霊』和訳

今回のあらすじ

ロードカンタヴィルの説得によって、ミスターオーティスは娘が高価な宝石を所有することを認めた。
ヴァージニアが貴族に紹介されると、彼女の宝石は注目の的となり、貴族に認められて若公爵と結婚することができた。
皆が彼女の結婚を喜んだが、なぜか彼女の父親は喜ばなかった。

previous page:カンタヴィルゴースト#60

next page:カンタヴィルゴースト#62

contents : カンタヴィルゴースト記事一覧

the canterville ghost 対訳
主語述語・修飾語

Mr. Otis was a good deal distressed at Lord Canterville’s refusal, and begged him to reconsider his decision,

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ミスターオーティスはロードカンタヴィルの拒絶に大層苦しんで、彼に決定を再考するよう頼んだ

but the good-natured peer was quite firm,and finally induced the Minister to allow his daughter to retain the present the ghost had given her,

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

しかし人の好い貴族は全く取り合わず、そしてとうとう公使に認めさせた。彼の娘に幽霊が与えたプレゼントを受け取らせることを
(形容詞firm 動かない)

and when, in the spring of 1890, the young Duchess of Cheshire was presented at the Queen’s first drawing-room on the occasion of her marriage, her jewels were the universal theme of admiration.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

1890年の春に、チェシャー若公爵夫人が結婚するにあたり、女王の第一応接室で紹介されると、彼女の宝石は称賛の的となった
(修飾語on the occasion of ~に際して)

For Virginia received the coronet, which is the reward of all good little American girls, and was married to her boy-lover as soon as he came of age.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ヴァージニアは善行に対する報酬として宝冠を受け取り、恋人が成人するとすぐに彼と結婚した
(動詞be married to ~と結婚する)

They were both so charming, and they loved each other so much, that every one was delighted at the match,

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

彼らは二人とも魅力的で、お互いに愛し合っていたので、皆が結婚を喜んだ
(名詞match 縁組み、結婚)

except the old Marchioness of Dumbleton, who had tried to catch the Duke for one of her seven unmarried daughters, and had given no less than three expensive dinner-parties for that purpose, and, strange to say, Mr. Otis himself.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

七人の娘たちの一人とチェシャー若公爵をくっつけようとして、三回も高価な夕食会を開いていたダンブルトン侯爵夫人を除いて
そして不思議なことに、ミスターオーティス自身を除いて
(前置詞except ~以外は)

source:The Canterville Ghost by Oscar Wilde
出典:カンタヴィルゴースト
著者:オスカー・ワイルド
Japanese translation
This site helps you learn Japanese