カテゴリー
カンタヴィルゴースト

結婚反対の理由『#62_カンタヴィルの幽霊』和訳

今回のあらすじ

ミスターオーティスが結婚に反対する理由は、若公爵の称号にあった。結婚して貴族社会に入れば、享楽的な生活に我を失ってしまうのではないかと娘を心配したのだ。
しかし彼の意見は受け入れられず、娘は結婚した。だが、娘と一緒に歩く彼の姿はとてもうれしそうだった。

previous page:カンタヴィルゴースト#61

next page:カンタヴィルゴースト#63

contents : カンタヴィルゴースト記事一覧

the canterville ghost 対訳
主語述語・修飾語

Mr. Otis was extremely fond of the young Duke personally,

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

ミスターオーティスは若公爵を大変気に入っていた
(修飾語personally 個人的には)

but, theoretically, he objected to titles, and, to use his own words,“was not without apprehension lest, amid the enervating influences of a pleasure-loving aristocracy, the true principles of Republican simplicity should be forgotten.”

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

しかし、ミスターオーティスは彼の役職に反対した
ミスターオーティスの言葉を借りれば、『享楽的な貴族階級の人々の影響を受けて、共和主義の信条が忘れられるのではないかという懸念が無いこともない
(形容詞pleasure-loving 遊び好きな)

His objections, however, were completely overruled,

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

しかし、彼の反対意見は完璧に無視された

and I believe that when he walked up the aisle of St. George’s, Hanover Square, with his daughter leaning on his arm, there was not a prouder man in the whole length and breadth of England.

The Canterville Ghost by Oscar Wilde

彼が娘と腕を組んでハノーバースクエアのセントジョージ通りを歩いた時、イギリス全土で彼ほど自慢げな男はいなかっただろう
(比較prouder 誇らしげな、得意げな)

source:The Canterville Ghost by Oscar Wilde
出典:カンタヴィルゴースト
著者:オスカー・ワイルド
Japanese translation
This site helps you learn Japanese