ハネムーン後の墓参り『#63_カンタヴィルの幽霊』和訳

今回のあらすじ 公爵夫妻はハネムーンを終えるとカンタヴィルチェイスに立ち寄った。そして幽霊の眠る教会墓地に向かった。若公爵はヴァージニアの身に起こった出来事を知りたがったが、幽霊に恩を感じていたヴァージニアは秘密を語らな […]

結婚反対の理由『#62_カンタヴィルの幽霊』和訳

今回のあらすじ ミスターオーティスが結婚に反対する理由は、若公爵の称号にあった。結婚して貴族社会に入れば、享楽的な生活に我を失ってしまうのではないかと娘を心配したのだ。しかし彼の意見は受け入れられず、娘は結婚した。だが、 […]

ヴァージニアの宝石『#61_カンタヴィルの幽霊』和訳

今回のあらすじ ロードカンタヴィルの説得によって、ミスターオーティスは娘が高価な宝石を所有することを認めた。ヴァージニアが貴族に紹介されると、彼女の宝石は注目の的となり、貴族に認められて若公爵と結婚することができた。皆が […]

オーティス家の所有物『#60_カンタヴィルの幽霊』和訳

今回のあらすじ ロードカンタヴィルはヴァージニアから宝石を取り上げるつもりが無かった。彼はヴァージニアに感謝していたし、法的に考えてもカンタヴィル家の持ち物ではなかったからだ。さらに付け加えるなら、ミスターオーティスは既 […]

生まれが嗜好に影響した『#59_カンタヴィルの幽霊』

今回のあらすじ ヴァージニアは幽霊が残した贈り物を取り上げられたくないと考えているようで、そんな娘の心情を知ってミスターオーティスは驚いた。彼女が中世趣味に目覚めたのは、ヴァージニアがイギリスで生まれたからかもしれない。 […]