話す甲斐が無い相手『#15_ジキル博士とハイド氏』対訳

あらすじ アターソンはエンフィールドの話を聞いて、ずっと考え込んでいた。彼がようやく尋ねたのは、小切手の名義人の名前ではなく、ハイドがブラックメールハウスの鍵を使ったか否かだった。話を最後まで聞き終えて、その内容ではなく […]

嫌な人の特徴『#14_ジキル博士とハイド氏』対訳

あらすじ ミスターアターソンは、その男について詳しく知りたがった。(1)ミスターエンフィールドはその男について説明しようとしたが、なぜ嫌悪感を感じるのか、その理由を言葉では言い表せなかった。 The Strange Ca […]

建物の使用状況『#13_ジキル博士とハイド氏』対訳

あらすじ ミスターエンフィールドはブラックメールハウスを調べていた。その建物には扉が一つしかなく、人の出入りはなかった。二階にある窓はきれいで、煙突から煙がでていた。 The Strange Case Of Dr. Je […]

人付き合いのルール『#12_ジキル博士とハイド氏』対訳

あらすじ ミスターエンフィールドは小切手の名義人に対して何も尋ねなかった。質問することが、まるで石を投げる事のように感じられて、だから彼は困っていそうな人に対して何も聞かないのだ。 The Strange Case Of […]

ブラックメールハウス『#11_ジキル博士とハイド氏』対訳

あらすじ ミスターエンフィールドがミスターアターソンに語った話はひどいものだった。例の嫌な男は、善良さで知られる小切手の名義人からお金を強請り取ったのだろう。いくら善良な人物であろうと、若いころに過ちの一つや二つあるだろ […]