カテゴリー
ジキル博士とハイド氏

とある日の散歩道『#3_ジキル博士とハイド氏』

今回のあらすじ ミスターアターソンとミスターリチャードは散歩中に偶然繁華街の裏通りを通った。その裏通りは狭い道だったが、商売で活気があり、華やかな店が並んでいた。人の少ない日曜日でさえ、他の場所よりも輝いて見えた。 pr […]

カテゴリー
ジキル博士とハイド氏

狭い交友関係『#2_ジキル博士とハイド氏』

今回のあらすじ ミスターアターソンにとって、相手に応じて態度を変えないことは簡単なことだったに違いない。なにしろ友人関係ですら、彼の寛容さがあるからこそ成り立っているようなものだったのだから。彼は新たに作り上げる人間関係 […]

カテゴリー
ジキル博士とハイド氏

弁護士の人柄『#1_ジキル博士とハイド氏』

今回のあらすじ 弁護士のミスターアターソンは感情を表に出さない人だった。しかし気心の知れた席で好みのワインを飲むとき等、しばしば感情がこぼれる場面があった。彼は他人に寛大で、道を誤った人に対しても手を差し伸べる人だった。 […]