カテゴリー
マーク・トウェイン

服屋『#12_百万ポンド紙幣』対訳

あらすじ  自分が就くであろう仕事を想像しながら、私は路上を歩いていた。すると一軒の服屋が目に入り、私は自分のボロ着を脱ぎ去りたくなった。 百万ポンド紙幣しか無いので私はその店を通り過ぎたのだが、その魅力に抗いきれず、私 […]

カテゴリー
マーク・トウェイン

謎解き『#11_百万ポンド紙幣』対訳

あらすじ  封筒の中の手紙を読んで、私はこの先どうするべきか考えた。手紙の内容は謎だらけで、善意があるのか悪意があるのかわからなかった。判断に困るものを除外して、確実なものだけに注目することにした。 百万ポンド紙幣を動か […]

カテゴリー
マーク・トウェイン

同封された手紙『#10_百万ポンド紙幣』対訳

あらすじ  面会を断られて、私は百万ポンド紙幣を持ったまま30日間過ごさなければならなくなった。なぜそんなことに? その答えを求めて、私は紙幣と一緒に入っていた手紙思い出し、それを読んだ。手紙には、無利子でお金を貸すので […]

カテゴリー
マーク・トウェイン

面会の手順『#9_百万ポンド紙幣』対訳

あらすじ 私は紳士の屋敷へ向かい、間違いを正すために面会を求めた。しかし屋敷の使用人は、取りつく島もなく、ひと月後に面会できると答えた。お金持ちと面会するには、ひと月も前の約束が必要なのだ。 「The £1,000,00 […]

カテゴリー
マーク・トウェイン

不条理な真理『#8_百万ポンド紙幣』対訳

あらすじ  料理屋の店主は私を誤解したようだった。庶民の服を着て悪ふざけをする裕福な人間なのだと。だから、百万ポンド紙幣しか持っていないと言っても、ツケで好きなだけ食べて良いと言った。 私は料理店を出ると、その紙幣を渡し […]