カテゴリー
オズの魔法使い2

繊細な生き物『#198_オズの魔法使い』

今回のあらすじ ドロシーが近づいたせいで牛が暴れ、ミルクメイドは激怒した。彼女は何も言わずに帰り支度を整え、立ち去るときもドロシーたちに避難の眼差しを向けていた。慎重に行動したほうが良さそうだと木こりは言った。 prev […]

カテゴリー
オズの魔法使い2

暴れ牛『#197_オズの魔法使い』

今回のあらすじ ドロシーたちは磁器の国の中を進んだ。乳しぼりするミルクメイドの近くを通った時、突然牛が暴れだした。牛が傷ついたことに激怒したミルクメイドはドロシーを怒鳴りつけた。 previous page : オズの魔 […]

カテゴリー
オズの魔法使い2

安全に跳び下りる方法『#196_オズの魔法使い』

今回のあらすじ 壁の上から降りる段になって、ドロシーたちは梯子が持ち上がらないことに気づいた。彼らは案山子をクッション代わりにして地面に跳び下り、つぶれてしまった案山子の体を治した。 previous page : オズ […]

カテゴリー
オズの魔法使い2

磁器の国『#195_オズの魔法使い』

今回のあらすじ ドロシーたちは壁の上から驚きをもって向こう側を眺めた。土地も建物も磁器だった。そしてそこに住む人々も、身に着けているものさえ磁器でできていて、そしてとても小さかった。 previous page : オズ […]

カテゴリー
オズの魔法使い2

壁の向こう側『#194_オズの魔法使い』

今回のあらすじ ドロシーたちは滑々した壁を登り切った。彼らは壁の上に並んで座り、驚きをもって壁の向こう側を眺めた。そこにはまるで皿の底のような大地があり、磁器の家々が並んでいるという奇妙な光景が広がっていた。 previ […]

カテゴリー
オズの魔法使い2

磁器のような壁『#193_オズの魔法使い』

今回のあらすじ 森を抜けると高い壁がドロシーたちの前に立ちふさがっていた。木こりが壁を越えるために梯子を作り、他の面々は束の間の休息をとった。そして梯子が出来上がると、彼らは壁を登り始めた。 previous page […]

カテゴリー
オズの魔法使い2

森の警察官『#192_オズの魔法使い』

今回のあらすじ 木こりは好戦的な木を怯ませて先へ進むことに成功した。彼は仲間たちを呼びよせて、ドロシーたちは無事に森へ入ることができた。トトが木に捕まってしまったが、木こりが枝を払って助け出した。いったん森に入ってしまえ […]

カテゴリー
オズの魔法使い2

木こりの得意分野『#191_オズの魔法使い』

今回のあらすじ 木の枝に放り投げられても案山子は無事だった。ライオンが他の道を見つけると、案山子が再び通り抜けようと試みた。しかし同じく付近の木々に阻まれた。戦う以外になく、木こりが斧をもって向かって行った。 previ […]

カテゴリー
オズの魔法使い2

深い森に足を踏み入れる『#190_オズの魔法使い』

今回のあらすじ 旅の初日は順調に進んだのだが、翌朝ドロシーたちは迂回できないほど広大な森に突き当たった。彼らは森に入る道を探し、ようやく一本の大木を見つけた。大きく広がる大木の枝を潜れば森に入れそうだった。しかしその木に […]

カテゴリー
オズの魔法使い2

過去の振り返り『#189_オズの魔法使い』

今回のあらすじ ドロシーたちは南へと旅立った。エメラルドシティの見納めに振り返ると、そこには多くの塔と尖塔、そしてオズの宮殿が見えた。過去を振り返ると、オズは勇敢ではなかったが善良な魔法使いだと言える人間だった。 pre […]