繊細な生き物『#198_オズの魔法使い』

今回のあらすじ ドロシーが近づいたせいで牛が暴れ、ミルクメイドは激怒した。彼女は何も言わずに帰り支度を整え、立ち去るときもドロシーたちに避難の眼差しを向けていた。慎重に行動したほうが良さそうだと木こりは言った。 #198 […]

暴れ牛『#197_オズの魔法使い』

今回のあらすじ ドロシーたちは磁器の国の中を進んだ。乳しぼりするミルクメイドの近くを通った時、突然牛が暴れだした。牛が傷ついたことに激怒したミルクメイドはドロシーを怒鳴りつけた。 #197 The Wonderful W […]

安全に跳び下りる方法『#196_オズの魔法使い』

今回のあらすじ 壁の上から降りる段になって、ドロシーたちは梯子が持ち上がらないことに気づいた。彼らは案山子をクッション代わりにして地面に跳び下り、つぶれてしまった案山子の体を治した。 #196 The Wonderful […]

磁器の国『#195_オズの魔法使い』

今回のあらすじ ドロシーたちは壁の上から驚きをもって向こう側を眺めた。土地も建物も磁器だった。そしてそこに住む人々も、身に着けているものさえ磁器でできていて、そしてとても小さかった。 #195 The Wonderful […]

壁の向こう側『#194_オズの魔法使い』

今回のあらすじ ドロシーたちは滑々した壁を登り切った。彼らは壁の上に並んで座り、驚きをもって壁の向こう側を眺めた。そこにはまるで皿の底のような大地があり、磁器の家々が並んでいるという奇妙な光景が広がっていた。 #194 […]