物語の結末『#22メリーイングランドのセントジョージ』対訳


Last Updated on 2022-03-10

storyline/今回のあらすじ

セントジョージはモロッコ、エジプト、ペルシャの王となった。彼が公正な法律を定めると、キリスト教徒以外の人々が大勢集まった。
彼は他の国々と休戦協定を結び、代理人に政権を任せてイングランドへ戻った。そしてサビア姫と末永く暮らした。

“English Fairy Tales” contents page

ST. GEORGE OF MERRIE ENGLAND 日本語訳
subject/predicate

So, attired in a beautiful green robe, richly embroidered, over which was flung a scarlet mantle bordered with white fur and decorated with ornaments of pure gold, he took his seat on the throne which was supported by elephants of translucent alabaster.

ST. GEORGE OF MERRIE ENGLAND/RETOLD BY FLORA ANNIE STEEL

豪華に刺繍された美しい緑色のローブを身に着けて、ローブの上には白いファーと純金の装飾が付いた深紅のマントをまとって、セントジョージは雪花石膏でできた象が支える玉座についた

And the Heralds at arms, amid the shouting of the people, cried:

ST. GEORGE OF MERRIE ENGLAND/RETOLD BY FLORA ANNIE STEEL

戦時の伝令官たちが、人々の騒めきの中で、大声を上げた

“Long live St. George of Merrie England, Emperor of Morocco, King of Egypt, and Sultan of Persia!”

ST. GEORGE OF MERRIE ENGLAND/RETOLD BY FLORA ANNIE STEEL

「モロッコの皇帝、エジプトの王、そしてペルシャの君主であるメリーイングランドのセントジョージ万歳!」

Now, after that he had established good and just laws to such effect that innumerable companies of pagans flocked to become Christians, St. George, leaving the Government in the hands of his trusted counsellors, took truce with the world and returned to England, where, at Coventry, he lived for many years with the Egyptian Princess Sâbia, who bore him three stalwart sons.

ST. GEORGE OF MERRIE ENGLAND/RETOLD BY FLORA ANNIE STEEL

セントジョージが立派で公正な法律を制定すると、キリスト教徒に成るために数えきれないほどの異教徒たちが集まることになり、セントジョージは信頼できる参事官たちの手に政権をゆだねて、戦っていた国々と休戦協定を結びイングランドへ戻った
そしてイングランドのコベントリーでセントジョージはサビア姫と末永く暮らした。サビア姫はセントジョージとの間に立派な三人の息子をもうけた。

So here endeth the tale of St. George of Merrie England, first and greatest of the Seven Champions.

ST. GEORGE OF MERRIE ENGLAND/RETOLD BY FLORA ANNIE STEEL

七人の戦士たちのなかで最も偉大なメリーイングランドのセントジョージのおはなしはここで終わります

reference : ENGLISH FAIRY TALES
RETOLD BY FLORA ANNIE STEEL (project gutenberg)
Japanese translation