カテゴリー
グリム童話

身代わりの藁人形『#3_ウサギの花嫁』

あらすじ

ウサギに連れてこられた少女は結婚式に向かわずに、身代わりの藁人形を作って自分の服を着せてから家に戻った。
何も知らないウサギは彼女に準備を急がせて、藁人形の頭を叩いた。すると藁の頭は転がり落ちて、少女が亡くなったと勘違いしたウサギは悲し気に立ち去った。

previous page:ラビットブライド#2

list of articles : グリム童話の記事一覧

#3 the rabbit’s bride 日本語訳
主語述語・修飾語

But the bride wept and said nothing, and the rabbit went away, but very soon came back again.

Household Stories

花嫁は涙を流し、何も言いませんでした。
ウサギは立ち去ったが、すぐにまた戻ってきました。

“Get up! Get up!” said he, “the wedding folk are waiting.”

Household Stories

「準備して!参列者がまっています」ウサギは言った。

But the bride wept and said nothing, and the rabbit went away.

Household Stories

花嫁は涙を流して何も言わず、ウサギは立ち去りました。

Then she made a figure of straw, and dressed it in her own clothes, and gave it a red mouth, and set it to watch the kettle of bran, and then she went home to her mother.

Household Stories

ウサギが去ってから少女は藁人形を作り、それに彼女自身の服を着せて、赤い口を付け、ふすまの鍋の前に置きました。
それから彼女は母の元へ戻りました。

Back again came the rabbit, saying, “Get up! Get up!” and he went up and hit the straw figure on the head, so that it tumbled down.

Household Stories

ウサギが戻ってきて言いました。「準備して!」
彼が藁人形の頭を叩くと、頭が転がり落ちました。

And the rabbit thought that he had killed his bride, and he went away and was very sad.

Household Stories

ウサギは花嫁を死なせてしまったと思いました。彼はとても悲しそうに立ち去りました。

source:Household Stories, from the collection of the bros: Grimm
translated from the German by Lucy Crane
The Rabbit’s Bride
編纂:グリム兄弟
Japanese translation
This site helps you learn Japanese