カテゴリー
グリム童話

勤めを終えて、家に帰る『#1 運の良いハンス』

あらすじ

ハンスは仕事を終えて、家に帰ることにした。ハンスの雇い主は7年分の給料を黄金のランプで支払った。
ハンスが黄金のランプを肩に下げて歩いていると、軽快な様子で馬に乗る騎手が見えてきた。

>> #2 Hans in luck

グリム童話の各記事へのリンク一覧はコチラ

#1 Hans in luck 英語読み

Hans had served his master seven years, and at the end of the seventh year he said,
“Master, my time is up; I want to go home and see my mother, so give me my wages.”

Household Stories

 ハンスは七年間雇い主に仕えて、七年目の終わりに彼は言った。
「ご主人、時間です。私は家に帰り、母に会いたいと思います。そういうわけで、私に給料をください」

“You have served me truly and faithfully,” said the master; “as the service is, so must the wages be,” and he gave him a lump of gold as big as his head.

Household Stories

「あなたは誠実に、忠実に私のために働いてくれました」雇い主は言った。「仕事があるのと同様に、もちろん賃金もあります」
 彼は頭と同じくらい大きな黄金のランプを彼に与えた。

Hans pulled his handkerchief out of his pocket and tied up the lump of gold in it, hoisted it on his shoulder, and set off on his way home.

Household Stories

 ハンスはポケットからハンカチを取り出して、それに黄金のランプを結び付け、肩に吊り下げて帰り道を出発した。

And as he was trudging along, there came in sight a man riding on a spirited horse, and looking very gay and lively.

Household Stories

 彼が重い足取りで歩いていたら、楽しく軽快な様子で、元気のいい馬に乗った男が見えてきた。

“Oh!” cried Hans aloud, “how splendid riding must be! sitting as much at one’s ease as in an arm-chair, stumbling over no stones, saving one’s shoes, and getting on one hardly knows how!”

Household Stories

「おお!」ハンスは大声で叫んだ。「なんと見事な乗馬だろう!肘掛椅子でくつろぐように座り、石に躓かず、靴を節約し、どのように乗っているのか全くわからない!」

The horseman heard Hans say this, and called out to him,
“Well Hans, what are you doing on foot?”

Household Stories

 騎手はハンスが言うのを聞いて、彼に呼び掛けた。
「おやハンス、徒歩で何をしているんだ?」

source:Household Stories, from the collection of the bros: Grimm
translated from the German by Lucy Crane
hans in luck
編纂:グリム兄弟