カテゴリー
グリム童話

男は仲間を集める『#2_六人の冒険者』

あらすじ

彼ら二人は進み続け、狩人に出会った。遠くのハエの眼に狙いを定めていた狩人を仲間にして、彼らはさらに進んだ。
彼ら三人は風車がある場所に到着した。風を感じないのに風車の帆は回っていた。風車から2マイルほど進むと片方の鼻を押さえて息を吹く男に出会った。リーダーは鼻息で風車を回している男を仲間に加えた。

<< #1 Six soldiers of fortune

>> #3 Six soldiers of fortune

グリム童話の各記事へのリンク一覧はコチラ

#2 Six soldiers of fortune 英語読み

And when they had gone on a little while, they came to a huntsman who was kneeling on one knee and taking careful aim with his rifle.

Household Stories

 彼らがしばらく進んだ時、片膝をついてライフルで慎重に狙いを定めている狩人にたどり着いた。

“Huntsman,” said the leader, “what are you aiming at?”

Household Stories

「狩人、何を狙っているのですか?」リーダーは言った。

“Two miles from here,” answered he, “there sits a fly on the bough of an oak-tree, I mean to put a bullet into its left eye.”

Household Stories

「ここから2マイルのオークの枝にハエが止まっている。私はその左目に銃弾を撃ち込むつもりです」彼は答えた。

“Oh, come along with me,” said the leader; “three of us together can stand against the world.”

Household Stories

「私と共に来て。われわれ三人は社会に対抗することができる」リーダーは言った。

The huntsman was quite willing to go with him, and so they went on till they came to seven windmills, whose sails were going round briskly, and yet there was no wind blowing from any quarter, and not a leaf stirred.

Household Stories

 狩人は彼と一緒に進む気になり、彼らは7つの風車に到着するまで進んだ。風車の帆は活発に回っていたが、どこからも風は吹いていなかったし、木の葉も動いていなかった。

“Well,” said the leader, “I cannot think what ails the windmills, turning without wind;” and he went on with his followers about two miles farther, and then they came to a man sitting up in a tree, holding one nostril and blowing with the other.

Household Stories

「風なしに回っているなんて、風車はどこか悪いのかもしれない」リーダーは言って、仲間たちと共にさらに2マイルほど進んだ。すると彼らは、片方の鼻を押さえて、もう片方の鼻から息を吹いている、木に座っている男にたどり着いた。

“Now then,” said the leader, “what are you doing up there?”

Household Stories

「そこで何をしているのですか?」リーダーは言った。

“Two miles from here,” answered he, “there are seven windmills; I am blowing, and they are going round.”

Household Stories

「ここから2マイル先に7台の風車がある。私が風を出しているから、あれらは回っているのです」

“Oh, go with me,” cried the leader, “four of us together can stand against the world.”

Household Stories

「おお、私と一緒に行こう」リーダーは叫んだ。「われわれ四人は社会に対抗することができる」