カテゴリー
グリム童話

黄金のランプよりも馬が欲しい『#2 運の良いハンス』

あらすじ

どうしたのかと騎手に聞かれたハンスは、重いランプのせいで肩が痛いのだと答えました。騎手が馬とランプの交換を提案すると、ハンスは喜んで交換に応じました。そして騎手に教えられた速度を上げる方法をハンスは試し始めました。

<< #1 Hans in luck

>> #3 Hans in luck

グリム童話の各記事へのリンク一覧はコチラ

#2 Hans in luck 英語読み

“I can’t help myself,” said Hans, “I have this great lump to carry; to be sure, it is gold, but then I can’t hold my head straight for it, and it hurts my shoulder.”

Household Stories

「私は自分の気持ちを抑えることが出来ない」ハンスは言った。「私はこの大きなランプを運ばなければならない。確かに、それは黄金だ。しかし、それのせいで私は自分の頭を真っすぐに固定することができないし、肩を痛める」

“I’ll tell you what,” said the horseman, “we will change; I will give you my horse, and you shall give me your lump of gold.”

Household Stories

「交換することを提案しよう。私は私の馬をあなたに渡すので、貴方の黄金のランプを私に渡してください」騎手は言った。

“With all my heart,” said Hans; “but I warn you, you will find it heavy.”

Household Stories

「よろこんで」ハンスは言った。「しかし私はあなたに警告する。あなたはそれが重いとわかるでしょう」

And the horseman got down, took the gold, and, helping Hans up, he gave the reins into his hand.

Household Stories

 騎手は馬から降りて黄金を掴んだ。そしてハンスを助け起こして、彼はハンスの手に手綱を渡した。

“When you want to go fast,” said he, “you must click your tongue and cry ‘Gee-up!'”

Household Stories

「あなたが急ぎたい場合、舌を鳴らして叫びなさい『ジーアップ!』と」彼は言った。

And Hans, as he sat upon his horse, was glad at heart, and rode off with merry cheer.

Household Stories

 ハンスは馬に座れて嬉しかった。そして馬に乗って走り去った。

After a while he thought he should like to go quicker, so he began to click with his tongue and to cry “Gee-up!”

Household Stories

 しばらくして彼はより速くなるだろうと思い、舌を鳴らして『ジーアップ!』と叫び始めた。