カテゴリー
グリム童話

牛は馬より価値がある『#3 運の良いハンス』

あらすじ

ハンスが馬に速足になる合図を出すと、彼は投げ落とされて排水溝に落ちた。通りすがりの小百姓に助け起こされたハンスは、二度と馬に乗りたいとは思えず、小百姓の連れていた雌牛と馬を交換しようと頼み込んだ。

<< #2 Hans in luck

>> #4 Hans in luck

グリム童話の各記事へのリンク一覧はコチラ

#3 Hans in luck 英語読み

And the horse began to trot, and Hans was thrown before he knew what was going to happen, and there he lay in the ditch by the side of the road.

Household Stories

 馬が速足を始めた。そしてハンスは何が起きたのかを理解する前に投げられて、彼は道の脇の排水溝に横たわっていた。

The horse would have got away but that he was caught by a peasant who was passing that way and driving a cow before him.

Household Stories

 馬は逃げようとしていたが、彼は雌牛を追い立ててその道を通りすがった小百姓に捕まえられていた。

And Hans pulled himself together and got upon his feet, feeling very vexed.

Household Stories

 ハンスはとても怒りながら、農家と協力して体を引き抜いた。

“Poor work, riding,” said he, “especially on a jade like this, who starts off and throws you before you know where you are, going near to break your neck; never shall I try that game again; now, your cow is something worth having, one can jog on comfortably after her and have her milk, butter, and cheese every day, into the bargain. What would I not give to have such a cow!”

Household Stories

「ダメだ。勢いよく動き始めて、知らないうちに投げるような痩せ馬に乗るなんて。もう少しで首の骨を折るところだ。私は二度と試さない。
 ところで、あなたの雌牛は所有する価値があります。彼女の後ろから快適にゆっくりと進むことができます。そのうえ、毎日彼女のミルクを飲むことも、バターとチーズを食べることもできます。
 雌牛を手に入れるために、私は何でも譲ります」

“Well now,” said the peasant, “since it will be doing you such a favour, I don’t mind exchanging my cow for your horse.”

Household Stories

「それが助けになるのなら、あなたの馬と私の雌牛を交換しても構いません」小百姓が言った。