カテゴリー
グリム童話

ハンスは炎天下の荒れ地で気絶した『#5運の良いハンス』

あらすじ

暑さに喉の渇きを覚えたハンスは雌牛の乳を搾ろうとする。ところが不器用なハンスを嫌った雌牛に蹴り倒されてしまう。
炎天下の荒れ地に倒れていたところを運よく通りがかりの肉屋に助け起こされ、気付けの酒を渡されたハンスは、今まで起きたこと全てを彼に話した。

<< #4 Hans in luck

>> #6 Hans in luck

グリム童話の各記事へのリンク一覧はコチラ

#5 Hans in luck 英語読み

“Never mind,” said Hans; “I can find a remedy. I will milk my cow at once.”

Household Stories

「心配ない。私は対処法を見つけることができる。まずは雌牛の乳を搾ることにしよう」ハンスは言った。

And tying her to a dry tree, and taking off his leather cap to serve for a pail, he began to milk, but not a drop came.

Household Stories

 枯れ木に彼女をつないで、搾乳缶として使うためにレザーキャップを脱ぎ、彼は乳を搾り始めた。しかし雫は出なかった。

And as he set to work rather awkwardly, the impatient beast gave him such a kick on the head with his hind foot that he fell to the ground, and for some time could not think where he was; when luckily there came by a butcher who was wheeling along a young pig in a wheelbarrow.

Household Stories

 彼がかなり不器用に仕事を始めたので、苛立った雌牛は後ろ脚を使って彼の頭に蹴りをお見舞いし、ハンスは地面に倒れた。しばらくの間どこにいるのか考えられなかったくらいだ。
 その時、運よく猫車に子豚を入れて運ぶ肉屋が通りがかった。

“Here’s a fine piece of work!” cried he, helping poor Hans on his legs again.

Household Stories

「さあ、すばらしいものがあるぞ!」哀れなハンスを助け起こして彼は言った。

Then Hans related to him all that had happened; and the butcher handed him his pocket-flask, saying,

Household Stories

 ハンスは起きたこと全てを彼に話した。肉屋はポケットフラスコをハンスに手渡し、言う。

“Here, take a drink, and be a man again; of course the cow would give no milk; she is old and only fit to draw burdens, or to be slaughtered.”

Household Stories

「さあ、一杯飲め。そして男らしく、しゃんとしろ。雌牛がミルクを出さないのは当然だ。彼女は老いていて、ただ荷物を引くか、食用にされることに適しているだけだ。