カテゴリー
グリム童話

ハンスは都合の良い展開に気づき始めた『#6 運の良いハンス』

あらすじ

雌牛が老いていて、モノを運ぶか食用にするしかないことを聞き、ハンスは肉屋が運ぶ子豚を求めた。首尾よく雌牛と引き換えに豚を手に入れたハンスは、全てが彼にとって都合がいいように回っていると思い始めた。
その後ハンスは立派なガチョウを持つ小百姓に出会った。

<< #5 Hans in luck

>> #7 Hans in luck

グリム童話の各記事へのリンク一覧はコチラ

#6 Hans in luck 英語読み

“Well, to be sure,” said Hans, scratching his head.

Household Stories

「ああ、なるほど」頭を掻きながらハンスは言った。

“Who would have thought it? of course it is a very handy way of getting meat when a man has a beast of his own to kill; but for my part I do not care much about cow beef, it is rather tasteless. Now, if I had but a young pig, that is much better meat, and then the sausages!”

Household Stories

「ヒトが肉にするための家畜を飼っている場合、確かにそれは肉を得るのに手軽な方法だ。肉にすることを考えていなかった。
 しかし私としては不味い牛肉に興味が無い。一方で、私が子豚を手に入れたなら、そのときはソーセージにする!」

“Look here, Hans,” said the butcher, “just for love of you I will exchange, and will give you my pig instead of your cow.”

Household Stories

「よしハンス」肉屋は言った。「あなたのために交換しよう。牛の代わりに貴方に私の豚を渡しましょう」

“Heaven reward such kindness!” cried Hans, and handing over the cow, received in exchange the pig, who was turned out of his wheelbarrow and was to be led by a string.

Household Stories

「神はこのような親切な振る舞いに報酬を与える!」ハンスは叫び、雌牛を譲り渡して、猫車の外に出されて紐につながれた豚を代わりに受け取った。

So on went Hans, thinking how everything turned out according to his wishes, and how, if trouble overtook him, all was sure to be set right directly.

Household Stories

 全てが彼の望みに沿う状態にひっくり返り、もしトラブルが彼を襲っても、全てがきっと直ちに適切な状態に直されるのだと考えながら、ハンスは進んだ。

After a while he fell in with a peasant, who was carrying a fine white goose under his arm.

Household Stories

 しばらくして、彼は立派なホワイトグースを抱えた小百姓と偶然出会った。

They bid each other good-day, and Hans began to tell about his luck, and how he had made so many good exchanges.

Household Stories

 彼らはお互いに挨拶を交わし、ハンスは自身の運について話し始めた。どのようにして多くの有益な交換を行ってきたのかを。

And the peasant told how he was taking the goose to a christening feast.

Household Stories

 小百姓は洗礼式のためにガチョウを運んでいたのだと話した。

“Just feel how heavy it is,” said he, taking it up by the wings; “it has been fattening for the last eight weeks; and when it is roasted, won’t the fat run down!”

Household Stories

「ちょっと重量があるかどうか触ってみて」羽を掴んで彼は言った。「それはここ8週間ふとらせていた。焼かれたとしても、脂身が流れ落ちることなどない!」