カテゴリー
グリム童話

もし見つかったら、冤罪で牢屋行きだろう『#7 運の良いハンス』

あらすじ

ハンスは近くの村で豚が盗まれ、村人が泥棒を探していることを知る。そして小百姓の抱えているガチョウと子豚を交換してくれるように頼みこむ。無事に交換が叶い、ハンスはガチョウの価値を考えながら帰り道を進んだ。

<< #6 Hans in luck

>> #8 Hans in luck

グリム童話の各記事へのリンク一覧はコチラ

#7 Hans in luck 英語読み

“Yes, indeed,” said Hans, weighing it in his hand, “very fine to be sure; but my pig is not to be despised.”

Household Stories

「なるほど」手でその重さを測り、ハンスは言った。「確かに見事だ。しかし私の豚が否定されることにはならない」

Upon which the peasant glanced cautiously on all sides, and shook his head.

Household Stories

 小百姓は周囲を用心深く見た上で、頭を振った。

“I am afraid,” said he, “that there is something not quite right about your pig. In the village I have just left one had actually been stolen from the bailiff’s yard. I fear, I fear you have it in your hand; they have sent after the thief, and it would be a bad look-out for you if it was found upon you; the least that could happen would be to be thrown into a dark hole.”

Household Stories

「残念ながら、あなたの豚にとって都合の良くないことがある。私が立ち去ったばかりの村で、代官の庭からそれがまさに盗まれてしまったのだ。あなたがそれを手に持っていることが心配だ。彼らは泥棒を探している。それが見つけられたなら、あなたを警戒するだろう。もしかすると、穴倉に投げ入れられることになるかもしれない」

Poor Hans grew pale with fright.

Household Stories

 気の毒に、ハンスは恐怖で蒼白になった。

“For heaven’s sake,” said he, “help me out of this scrape, I am a stranger in these parts; take my pig and give me your goose.”

Household Stories

「お願いだから、この厄介な状況から私を助けて。私はこの地方に慣れていない。私の豚を受け取って、私に貴方のガチョウを与えてください」

“It will be running some risk,” answered the man, “but I will do it sooner than that you should come to grief.”

Household Stories

「多少危険な状況になるが、あなたが災難にあうくらいなら、私がそれをしよう」男は答えた。

And so, taking the cord in his hand, he drove the pig quickly along a by-path, and lucky Hans went on his way home with the goose under his arm.

Household Stories

 そして手に紐を持ち、彼は素早く抜け道に豚を走らせた。幸運なハンスはガチョウを抱えて帰り道を進んだ。

“The more I think of it,” said he to himself, “the better the bargain seems; first I get the roast goose; then the fat; that will last a whole year for bread and dripping; and lastly the beautiful white feathers which I can stuff my pillow with; how comfortably I shall sleep upon it, and how pleased my mother will be!”

Household Stories

「今まで以上の拾い物であるように思える。まず、私は焼かれたガチョウを手に入れる。それから脂だ。脂はパンやタレ汁に一年中使えるだろう。そして最後に、枕に詰めることのできる美しい白い羽根だ。そのうえで寝たらどれほど心地よいだろう。そして私の母はどれほど喜ぶだろう!」彼は独りごとを言った。