カテゴリー
グリム童話

世界で一番幸運な人間『#9 運の良いハンス』

あらすじ

ハンスはガチョウと砥石の交換に応じた。そして砥石を持って帰り道を進む。
しばらくしてハンスは疲れと空腹を感じ始めた。そしてとうとう歩けなくなり、石を運ばなくてもよくなるようにと願った。
彼は井戸にたどり着くまで苦労して進み、砥石を井戸の縁に乗せて水を飲もうと身をかがめた。その時偶然砥石にぶつかり、砥石は井戸に落ちてしまった。彼は叫んだ。「私はこの世で一番幸運な人間だ」

<< #8 Hans in luck

グリム童話の各記事へのリンク一覧はコチラ

#9 Hans in luck 英語読み

“How can you ask?” answered Hans.

Household Stories

「頼めますか?」ハンスは答えた。

“I shall be the luckiest fellow in the world, for if I find money whenever I put my hand in my pocket, there is nothing more left to want.”

Household Stories

「ポケットに手を入れるたびにお金を発見するとしたら、これ以上欲しいものは何も残されていないのだから、私は世界で一番幸運な男であるだろう」

And so he handed over the goose to the pedlar and received the grindstone in exchange.

Household Stories

 彼は行商人にガチョウを手渡し、代わりに砥石を受け取った。

“Now,” said the knife-grinder, taking up a heavy common stone that lay near him, “here is another proper sort of stone that will stand a good deal of wear and that you can hammer out your old nails upon. Take it with you, and carry it carefully.”

Household Stories

 傍らにあったありふれた石を手に取って、研ぎ師は言った。「たくさんの摩耗に耐え、古びたクギを打ち直すことのできる別の石がここにある。一緒に持っていきなさい。そして慎重に運びなさい」

Hans lifted up the stone and carried it off with a contented mind.

Household Stories

 ハンスは満足そうに石を持ち上げて運び去った。

“I must have been born under a lucky star!” cried he, while his eyes sparkled for joy. “I have only to wish for a thing and it is mine.”

Household Stories

「私は幸運の星の下に生まれてきたに違いない!」喜びに瞳を輝かせて彼は叫んだ。「私はただ私の物になるよう望みを持つだけだ」

After a while he began to feel rather tired, as indeed he had been on his legs since daybreak; he also began to feel rather hungry, as in the fulness of his joy at getting the cow, he had eaten up all he had.

Household Stories

 しばらくして、彼はやや疲れを感じ始めた。実際に、夜が明けてからずっと彼は歩いていた。
 そしてまた彼は空腹を感じ始めた。雌牛を手に入れた時の喜びで、彼は持っていた食料を食べつくしてしまっていた。

At last he could scarcely go on at all, and had to make a halt every moment, for the stones weighed him down most unmercifully, and he could not help wishing that he did not feel obliged to drag them along.

Household Stories

 ついに、彼はほとんど進むことができなくなり、停止せざるを得なかった。石が容赦なく圧迫したせいで。
 彼は願いをこらえることができなかった。石を運ばなくてもいいという願いを。

And on he went at a snail’s pace until he came to a well; then he thought he would rest and take a drink of the fresh water.

Household Stories

 彼は井戸にたどり着くまで、のろのろと進み、それから彼は休憩して新鮮な水を飲みたいと思った。

And he placed the stones carefully by his side at the edge of the well; then he sat down, and as he stooped to drink, he happened to give the stones a little push, and they both fell into the water with a splash.

Household Stories

 彼は井戸の縁に石を置いた。その後、彼は腰を下ろし、水を飲むために身をかがめて、偶然、石に小さな衝撃を与えた。それらは両方とも水しぶきと共に水の中に落ちた。

And then Hans, having watched them disappear, jumped for joy, and thanked his stars that he had been so lucky as to get rid of the stones that had weighed upon him so long without any effort of his own.

Household Stories

 それらが消えるのを見て、ハンスは嬉しくて跳びあがって、彼の上に重荷となっていた石を幸運にも苦労なく取り除いたことを星に感謝した。

“I really think,” cried he, “I am the luckiest man under the sun.”

Household Stories

「私はこの世で最も幸運な人間だと思う」彼は叫んだ。

So on he went, void of care, until he reached his mother’s house.

Household Stories

 用心することなく、彼は母の家に到着するまで進み続けた。