カテゴリー
グリム童話

本気で走れば鳥より速く移動できる『#3_六人の冒険者』

あらすじ

リーダーはさらに、空を飛ぶ鳥より速く走れる男と、空を飛ぶ鳥を凍らせるほどの寒気を呼ぶことのできる男と出会い、彼らを仲間に加えて進んだ。

<< #2 Six soldiers of fortune

>> #4 Six soldiers of fortune

グリム童話の各記事へのリンク一覧はコチラ

#3 Six soldiers of fortune 英語読み

So the blower got down and went with them, and after a time they came to a man standing on one leg, and the other had been taken off and was lying near him.

Household Stories

ブロワーは木から降りて、彼らと共に進んだ。しばらくして、彼らは片足で立つ男にたどり着いた。もう片方の足は取り外されて、彼のそばに置かれていた。

“You seem to have got a handy way of resting yourself,” said the leader to the man.

Household Stories

「あなたは便利な休憩方法があるようだ」リーダーは男に言った。

“I am a runner,” answered he, “and in order to keep myself from going too fast I have taken off a leg, for when I run with both, I go faster than a bird can fly.”

Household Stories

「私はランナーだ」彼は答えた。「速く進みすぎることから自分自身を守るために、私は足を取り外している。私が両足で走るとき、鳥が飛ぶより速く進みます」

“Oh, go with me,” cried the leader, “five of us together may well stand against the world.”

Household Stories

「おお、私と共に行こう。我々5人はうまく社会と渡り合えるかもしれない」リーダーは言った。

So he went with them all together, and it was not long before they met a man with a little hat on, and he wore it just over one ear.

Household Stories

 ランナーは彼らと連れ立って進んだ。彼らが小さな帽子を被った男に出会うまで時間はかからなかった。彼は帽子を片耳に被せていた。

“Manners! manners!” said the leader; “with your hat like that, you look like a jack-fool.”

Household Stories

「おいおい、そんな被り方だと道化師のように見えるよ」リーダーが言った。

“I dare not put it straight,” answered the other; “if I did, there would be such a terrible frost that the very birds would be frozen and fall dead from the sky to the ground.”

Household Stories

「私はあえて帽子をきちんと被らないんだ。もしまっすぐにしたなら、鳥でさえ凍らされ、空から落ちるほどの厳しい寒気になるでしょう」

“Oh, come with me,” said the leader; “we six together may well stand against the whole world.”

Household Stories

「おお、私と共に行こう。我々六人は上手に社会と渡り合えるかもしれない」