一方的な主張『#8_隅の老人』対訳


Last Updated on 2022-04-27

storyline/今回のあらすじ

カーショーが名前を挙げた男は有名人な大富豪だった。
証拠が無い話だと前置きして、コーナーの男はカーショーの主張をポリーに話した。
カーショーは事件後に、スメサーストから4通の手紙を受け取っていたそうだ。
(10)

『The Old Man in the Corner』contents page

The Old Man in the Corner
THE FENCHURCH STREET MYSTERY 日本語訳
subject/predicate

“Now, mind you, every one knows Smethurst, the Siberian millionaire.

The Old Man in the Corner by Baroness Orczy

「さて、いいですか、シベリアの大富豪であるスメサーストのことを誰もが知っています
10-1a

Kershaw’s story that he had once been called Barker, and had committed a murder thirty years ago, was never proved, was it?

The Old Man in the Corner by Baroness Orczy

「スメサーストがかつてバーカーと呼ばれていて、30年前に殺人を犯していたというカーショーの話は証拠がありませんでした
10-2a

I am merely telling you what Kershaw said to his friend the German and to his wife on that memorable afternoon of December the 10th.

The Old Man in the Corner by Baroness Orczy

「12月10日の午後、私はただあなたに伝えるだけです。12月10日に、カーショーが友人のドイツ人と妻に話した内容を」
10-3b

“According to him Smethurst had made one gigantic mistake in his clever career—he had on four occasions written to his late friend, William Kershaw.

The Old Man in the Corner by Baroness Orczy

「カーショーによると、スメサーストは狡賢い成功の中で一つ大きな間違いを犯していたそうです
彼はかつての友人であるウイリアムカーショーへ4回手紙を書いていました
10-4b

Two of these letters had no bearing on the case, since they were written more than twenty-five years ago, and Kershaw, moreover, had lost them—so he said—long ago.

The Old Man in the Corner by Baroness Orczy

「その手紙の内、二通は事件と無関係でした。手紙は25年以上前に書かれていたうえ、カーショーは手紙をずっと昔に紛失していました」
10-5a

According to him, however, the first of these letters was written when Smethurst, alias Barker, had spent all the money he had obtained from the crime, and found himself destitute in New York.

The Old Man in the Corner by Baroness Orczy

「しかしながら、カーショーによると、バーカーの別名であるスメサーストが犯罪によって得た全財産を使い切り、ニューヨークで貧しい状況にある時に最初の手紙が書かれたそうです
10-6b

Reference : The Old Man in the Corner by Baroness Orczy(project gutenberg)
Japanese translation